これでバレない!?仕事してるふりをするテクニック13選

社内ニート
スポンサーリンク

 

Aさん
今日はそこまでやることがないし、仕事してるふりでもして乗り切りたいんだけどいい方法ないかなー。

こんな人に役立つ記事です。

 

記事の内容

・仕事をしてるふりをするための13のテクニック

・毎日社内ニートになるためのポイント

 

どうも、社内ニート養成所のmiynaoです。

 

昨今の働き方改革にも象徴されるように、社会人であれば、社畜と呼ばれるくらい忙しい人が多いと思います。

しかし、昨日までは忙しくて、明日からもいろいろやることがあるんだけど、今日に限ってはそんなにやることがない!ということもありますよね。

でもさすがに堂々と仕事をさぼるわけにはいきませんから、こっそり仕事をしているふりでもして時間をつぶす必要があります。

 

ということで今回は、そんな時間を持て余した人のために、仕事をしているふりをするためのテクニックを体験談ともにまとめてみました。

 

スポンサーリンク

仕事してるふりをするためのテクニック13選

独り言

腕捲りをしつつ、独り言を唱えるようにしています。

腕捲りをしているとデスクワークに忙しいように見えます。また、独り言を唱えると、熱心に仕事に取り組んでいるように見えます。

周囲からは、今日も頑張ってるな、と言われます。

 

予定が押してるふり

営業で外回りをしている時、会社に電話をかけて

「予定が押しており会社に帰るのがやや遅れます」と伝えます。

実際はカフェ等でゆっくりしてますが、上司に頑張っている姿を想像させることができます。

会社に帰ると、上司はニコニコしながら迎えてくれます。

 

違うことを考える

私の職場はデスクワークが中心なので、仕事の途中に肩や目が疲れてきてやる気がなくなってきます。

そんな時、私はパソコンのデスク画面はそのままにして頭の中では別のことを考えています。

見た目は仕事をしていると捉えられる上に、こちらとしてはちょっとした息抜きにもなって仕事の能率も上がるのでオススメです。

 

ごみを片付けているふり

工場の作業で仕事があまり無いときゴミを片付けているフリはかなり効果的であり、

誰からも怪しまれず、それどころか真面目に仕事をしていると見られるので

バレずに仕事をしてるフリをしたいときはオススメのテクニックになります。

スポンサーリンク

ネットサーフィン

パソコンを使ったデスクワークであればバレずに仕事しているふりは難しくありません。

スマホをポチポチやっているとサボっていることがバレやすいですが、パソコンであれば仕事をしているように見えることを想定したゲームなどがいくつもあるので、

よほど集中でもしていない限りはまずバレることはありません。

パソコンを開き、書類を作成しながらYahooやグーグルを使用しネットサーフィンを行なっている。

私のデスクは椅子の後ろ側壁になっているため、後ろからパソコンを覗かれことないので、バレることはありません。

 

集中しているふり

集中しているふりと忙しそうにしているふりをするのは得意です。

立ち仕事だったため、一つの場所での作業ではなく店内を動き回ってちょこまかと動いていると、大したことない作業をしていても人よりも一緒懸命やってくれてるね!と良く声をかけていただいていました。

 

難しい仕事をしているふり

デスクワーク中心の話ですが自分ではできる仕事を難しい振りをしながら片付けるというやり方をたまにしています。

ある程度仕上がる仕事を片付けて「他の仕事を今日はしたくないな」と言うときは、上司やまわりの人にわかっているのに質問をして教えを請います。

頼られると良い気になる人が多く後でお礼を言えば皆さん喜んでくれます。

まわりに悪い印象を与えず仕事をしてる振りをしたい時はこれを実践してます。

 

エクセルを開いておく

私の仕事をしているふりテクニックは、あえて未完成のエクセルデータを残しておくことです。

仕事がない時は自分の机でネットサーフィンをしていますが、上司が近づいてきたらエクセルの画面を開きます。

エクセルの仕事自体は完成していてもう意味ないものですが、上司の目を誤魔化すのには充分使えます。

スポンサーリンク

部屋の中でさぼる

現場仕事でマンションの場合、出来上がりに近いほど室内に入ってしまえば分からない

玄関ドアがついていれば更に分かりにくいし誰か入ってきても玄関を開けると音がするので、真面目に作業をしてるように見せかける事は簡単。

 

話し相手になる

営業をする時に仕事をさぼるテクニックは、取引先の重鎮の話をひたすら聞くことです。

取引先には、「副会長」などの立派な肩書は持っているものの、事実上現場からは引退して暇を持て余しているおじいちゃんたちがいます。

そのおじいちゃんの話し相手になってあげます。

上司には取引先の大物とのコネクションを作っているように見せかけていますが、実際のところおじいちゃんと野球や相撲の話で盛り上がっているだけです。

 

死角でサボる

物流センターで仕分けを担当するピッキングの仕事は死角が多いのでサボりやすい。

商品棚があればそこに身を隠す事もでき携帯も普通に操作しても大丈夫。物流センターは事務所も離れている事が多いので他の人からバレにくい。

精肉店で働いていた時、冷蔵庫に物を取りに行くふりをして冷蔵庫内で隠れて加工品を食べていた。

冷蔵庫と作業場にはもちろんドアがあり他の作業員からは絶対に見えない。お腹が空いた時にはおやつ感覚で食べていた。(食べて怒られない物)

 

動き回る

私は製造業をしており、たまに暇な時などありますがそんな時があったときは、いつも通りに忙しい様に見せる為、とにかく動くことです。

どうしても動く事が見つからない時は機械の掃除などをして今は他のことをできないみたいな感じにしています(次の仕事のための清掃)。

 

キーボードで音を立てる

パソコンをひたすら凝視して、キーボードは強めに叩いてガチャガチャと音を出しながら文字を打つ!

書類をめくる時や電卓もいつもより力強くして、作業一つ一つの音を大きめに出す!

たったこれだけで、やってる感が出せます。

スポンサーリンク

毎日社内ニートになるために

 

「終わらねえええええ!!」

 

当時、部署を異動してデスクワーカーになった僕は、客先から依頼された、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事に手間取っていました。

 

昨日までは、30分置きにタバコ吸いに行ったり、コンビニにお菓子買いに行っても、もて余すくらい暇で、

定時前にこっそり帰って、映画を見ながら晩酌を楽しむ余裕があったんですよ。

 

ところが、朝メールを開くと客先からの大量の仕事の依頼が。

しかも納期も短いときたもんです。

 

前々から分かっていて覚悟ができていればまだ良かったんですが、

昨日まで社内ニートを楽しんでいたところに、いきなり右ストレートをかまされた気分でした(笑)。

 

 

こうやってブログを書いたり、ネットサーフィンしたり、暇をつぶすのは大の得意だったので

正直毎日社内ニートでもいいんですよ。

そんな僕が、こうやって突発的にペースを乱されてはたまったもんじゃありません。

 

僕は本能的に、「こんなことが続いたらヤバい、どげんかせんといかん!」と強く思いました(笑)。

 

色々と突発的な仕事を避けるような方法を考えていたんですが、

正直、どれだけ避けていようとも、避けられない仕事は降ってくるので、そういったときに

自分の仕事をとにかく早く効率的に終わらせられないかと考えたんですね。

 

そうすれば、突発的に仕事が降ってきてもその日のうちにパパっと片付けて、

「今日も暇だぜ~。ブログでも書こうっと。」といった感じで社内ニートとして余裕をもって生きていけるんじゃないかと思ったんですよ。

 

 

そこで僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。

強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですよね。

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、僕の前の席に座っていた同期のA君は、

細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス)

 

「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

 

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。

 

もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、

タタターンとテンポよく出来たことが印象に残っています。

 

今では自分の強みをうまく使って突発的な仕事でもさっさと終わらせて

毎日社内ニートを楽しむようになってしまいました(笑)。

 

いろいろな即効性のあるテクニックも大事ですが、

自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。

社内ニートを極める!自分の【強み】の診断方法とは?

2018年6月9日

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのテクニックやヒントを活用して、効率よく仕事を終わらせて、

優雅な社内ニート生活を満喫していただければ幸いです。

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。

↓メインサイトに飛びます。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク