うざい!職場の噂好きな人の対処法11選【愚痴・いない人の悪口】

ストレス対策
スポンサーリンク

 

Aさん
職場で噂話や愚痴、いない人の悪口が好きな人がいて、気になってしまうんだけど、対処法が知りたいなー

こんな方に役立つ記事です。

 

記事の内容

・職場の噂好きな人の対処法まとめ【愚痴・いない人の悪口】

・社内ニートになったら噂話とか気にならなくなった

 

どうも、社内ニート養成所のmiynaoです。

 

職場で働いていると、他人の愚痴や噂話とか好きな人って1人はいますよねー。

特に女性が多い職場とかはそういった話題が多いのではないでしょうか?

 

自分もそういった話は嫌いではないし、一種のストレス発散にはなるものの、

自分が参加していない場で噂話をされていたら正直気になるし、そういった人に対していい気がするものではないですよね。

時には仕事にも支障が出てしまうかもしれませんので、対処法が知りたいところです。

 

ということで今回は、職場の職場の噂好きな人の対処法を体験談とともにまとめてみました。

 

スポンサーリンク

職場の噂好きな人の対処法まとめ【愚痴・いない人の悪口】

余計なことを喋らない・流す

対処法は余計なことをしゃべらず「そうなんですか」、「知らなかったです」を繰り返すことです。

余計な感想をしゃべると他の人に感想を伝えられますのでマイナスにしかなりません。

「あなたはどう思う」とふられても「どうなんでしょう、わからないですね」と逃げるのが得策です。

聞かないのはマイナスなのでともかく聞き流すに徹するのが一番無難です。

噂話が好きな人と一緒になって話しをすると、後から面倒なことに巻き込まれて仕事場に居づらくなったりするのが嫌なので、

適当に返事をするだけにして自分の意見は絶対に言わないようにしたり、

忙しいフリをしてその場をサッと離れたりして極力関わらないでやり過ごすようにしています。

そしたら噂話好きの人も私と話をしても楽しくないからあまり話しかけてこなくなるので煩わしい思いをしなくてよくなります。

噂話や悪口など、ネガティブな話題に関しては一切反応しないのが一番だと思います。

その時はちょっとストレス解消になっても、あとあとになって、

その時に悪口を言われていた相手が実はお偉いさんと繋がっていり、なんてこともありますので。

職場で噂話が好きな人に話を持ち掛けられてしまったとき、なるほど。そうなんだー。の

この2つの返答だけで解すと意外と乗り切れます。

もちろん話は聞かずにこの2つの相槌だけでいくつもの噂話を乗り越えてきました。

気持ち的にも楽なのでぜひやってみてください。

 

スポンサーリンク
 

職場にいる噂好きな同僚。私の場合は、そんな同僚の噂話を気にしないために、次のような対処をしています。

それは、とにかく同僚には噂話のネタになるような話をしないことです。

シンプルだけど一番効果的な対処方法だと思います。

噂話が好きな人ってどの会社にもいます。

噂話を聞いたら他の人に話すんですが尾ひれはヒレつけて話しますので、噂話を聞いたら鵜呑みにしないことが一番です。

話を聞いて反論や同意など自己主張はしないほうがいいです。へえそうなんですか、ふむふむくらいで流すくらいがいいと思います。

噂が始まったら「そうだんですか~」「へえ~」しか言わないようにしています。

長くなりそうだったら「あ、そういえば」と話を変えます。

それによって、相手も「もしかしたら嫌な話だったかな・・・」となるようになり噂の話が減りました。

人のミスや欠点、噂を本人に言わずにまわりにばらす人がいますが、聞いていて良い気持ちしません。

私はへぇ~とかそうなんだという感じで流しています。

言われている本人が気の毒なのでこちらからはその話に触れないようにします。

私の職場で上司の悪い噂話をする方がいらっしゃいました。

私の性格とその会社の雰囲気上、あまり噂話や悪口を言いたくないと思っていました。

その噂をする方は私と話しやすいと言うことでいろいろ話をしてくださいますが、

悪い噂話を話されてしまいそうな時は「なるほどそうだったのですね!」とだけ言うようにし、あまり深く聞くことはしません。

 

スポンサーリンク
 

噂好きな人の話に乗って話してしまうと、

自分のことでも他の人のことについて話していたとしても広まっていく可能性大なので、

何もわからないふりをして「へー、そうなんですねー」と、ひたすら薄めの反応で受け流す。

聞いているふりをして、ひたすら喋らせてあげる。

仕事に支障があるときは、「怒られるー。」と上司のせいにして、止めさせる。

自分の本音や、私生活についての話を絶対にしない。必ず、他のところで話のネタにされます。

とにかく、聞き流す事が大切です。治るものではないでしょうから…

 

相手を化け物だと思う

どこにでもいる噂好きのあの人この人。あまりに度が過ぎるとうんざりしてしまうこともありますよね。

そんな時にオススメなのが、相手を噂好き妖怪と思うと、かなり楽に聞き流すことができますよ。

だまされたと思ってぜひいちどチャレンジあれ。

 

スポンサーリンク
 

堂々とする

噂好きな人がヒートアップして巻き込まれてしまった場合、堂々とすることを心がけましょう。

下手に否定をしたり口を突っ込むと、余計に悪化してしまうと思うので、

そっけない素振りで構えていると相手も話していてもつまらないなと思い自然と噂話が止まりますよ。

 

職場以外で話す

悪口、噂話に参加してしまうと、「あの人も言ってた」などと、後になって大ごとに巻き込まれたりします。

一時のストレス解消で悪口などを言いふらすと、ろくなことにならないと思っています。

どうしても辛い時は、職場では一切出さず、親友に車の中で話すなど、絶対に表に出さないことが肝要です。

どこの職場にもいそうな噂話大好きな同僚や上司。噂話の対象になって困った人もいるのではないでしょうか。

私はとにかく噂話の対象にならないように、深い話を噂話大好きな同僚や上司の前ではしないように心がけています。

わたしの職場は女性の多いところなので、噂好きの人が多く、いつもいろんな噂が飛び交ってます。

わたし自身はあまり噂を鵜呑みにしないようにしていますが、やっぱり聞いてしまうとそういう先入観が生まれてしまうもので、

ときどき、同じように噂を快く思っていない同僚同士で話をして忘れるようにしています。

 

噂話が多い場所を避ける

噂好きな人の対象について考えてみると、私の場合は、噂話をするような場所にあまり顔を出さないようにしています。

職場の飲み会など、特にうちの職場の場合噂話をたくさん聞くので、参加しないように心がけています。

どこの職場にも噂話の好きな人っていますよね。確かに女の人ってそういう話って好きですよね。

でも、永遠と続くとうんざりしてくるし、仕事にも影響してきます。

私は巻き込まれた時は笑いながら、スルスルっと抜けていきます。

その後自分の事を言われているのでは‥っと気になったりはしますが。

でも、笑いながらっていうのが一番なのかなって思います。笑いながら、さりげなく抜けていく!!これで切り抜けています。

基本的には聞き流すけど、あまりにも聞き苦しいような悪意のある噂・愚痴を話す人は、

話の途中で「ごめんね、仕事(用事)あるから行ってくるわー」などと言い退席する。

それでもひどい場合は録音機器を使って音声を収録。上司に証拠として突きつけることもある。

 

スポンサーリンク
 

噂好きな人と距離をとる

噂話で嫌な思いをしないように、噂話大好きな同僚や上司とは距離を取ると良いかもしれません。

私も昔同僚に噂話をされて嫌な思いをしたので、その同僚とは距離を置いて付き合うようにしました。

それからは噂話で嫌な思いをしないで済んでいます。

自分のことをたなに上げて人の噂をばらまく人がいますが、

そのような人からお茶やランチ、飲みに誘われたとしてもこちらから誘うことはありません。

以前同僚が悪く言われていたことがあったのですが、そんなことはないだろうとすかさずフォローしました。

 

自分で噂話をしないようにする

職場で噂話で嫌な思いをしないためには、自分自身噂話をしないようにすることが大切だと感じています。

噂話が好きな人ほど、その人自体も噂話の対象になっていることが多いように思います。

私も噂話をしないようにしてから、他人に噂話で嫌な思いにさせられることもなくなりました。

 

噂嫌いアピール

職場にひとりはいそうな噂話大好きな人。私の職場の同僚も噂話大好きな人なんですが、

とにかく私は噂話をする人間なんか嫌いだってアピールしていたら、私の噂話をすることは一切ありませんでした。

噂話は嫌いと周囲に伝えると良いかもしれません。

人の噂話や陰口を言う人はだいたい気が弱いタイプなので、こう言う輩には強気で対応します。

下手に相槌を打ったり曖昧な態度を取ると、私が噂話をしてたと言われかねません。

こういうタイプは人のせいにするのも大好きなので、巻き込まれたくなければ毅然と「私は噂話好きじゃないので失礼!」って言わなきゃダメだと思います。

私はそうしてます。こんな事を言えば、今度は自分が噂話をされる番になるかもしれませんが、言う側になるより言われる側の方が何倍もマシだと思います。

私も噂話自体は嫌いでは無いのですが、相手が傷つくような言動や行動などの噂話はしたくないと思っています。

ですので私は前もって「あまり悪い噂話はしたくないんだよね。」と言うようにしています。

そうすることで周りの方々も私に対して悪い噂話を振ってくる事はありませんし、話を選んでくれますのでこの方法は非常に良い方法であると思っています。

その人が周りに噂したであろう話をその人を加えて何人かが集まったときにあえてすることで、

こんな噂があるみたいなんやけど、こんな話をする人がいるなんて信じられないよね、

嫌悪感を示して噂話は良くないことだと認識してもらいます。

スポンサーリンク

仕事に集中する

噂話が好きな人の前では特に仕事を頑張っているオーラを出すようにしています。

噂話どころではなく真剣に仕事と向き合っている雰囲気を理解させれば、噂話好きな人は絡んでこなくなります。

一生懸命仕事をすれば良いのです。

 

他の話にすり替える・切り返す

根拠もないのに人の噂話をする人、いったいどうしたら良いのやら…。

私はそのような噂話を聞かされたらほかの話にうまくすりかえるようにしています。

ネガティブではなく、ポジティブな話に変えるのがポイントです。

噂話をする方は大体悪い噂を振ってくるものであると思います。

私もその話を聞いて「確かにそうだな。」と思うこともありますが、一概に全てのことを認めるという事はしません。

「確かにそうだけど、別に悪いと思って言っているのではないのではないか?」や「そんな考え方を持っている人もそれはいるよ。」などとポジティブになるように話を返し、

その人の噂話を長引かせたりさらに傷つけるようにな形にしないようにしています。

 

忠告する

職場にとても噂好きな人がいました。

その人のしぐさで誰かの噂話をしているというのもすぐにバレるぐらい、すぐに人の悪口を流していました。

さすがに呆れたので「自分の事が噂になったら嫌でしょ?みんな誰が噂を流しているか、気が付いているからあまり言わない方がいいよ」と忠告しました。それ以降彼女は大人しくなりました。

 

スポンサーリンク

社内ニートになったら噂話とか気にならなくなった

 

「終わらねえええええ!!」

 

 

当時、工場で新人としてしばらく働いた後、部署を異動して都内勤務のデスクワーカーになった僕は、

客先から依頼された、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事に心底イライラしていました。

 

イライラの一番の原因は、仕事の難易度と、だれも教えてくれない、だれもサポートしてくれない理不尽な環境でしたが、

周りから聞こえてくる、悪口や噂話の雑談ばっかりする上司たちがいたこともイライラの原因の1つでした。

 

僕がいたのは日本でもそれなりの大企業だったんですが、そういった会社って新陳代謝が遅いからか、

古い価値観を持った人たちが多いんですよね。

 

「総務部は使えねーなー!」とか、

「あの人辞めるらしいぜ?」といった世間話ばかりの職場だったんですよ。

 

ぶっちゃけ気持ち悪くないですか!?

 

「そんな古い価値観を持った人」というだけで正直話したくないし、話しかけられないわけですよ。

でも、事あるごとにそういった噂話や愚痴を周りでされるもんだから、仕事も集中できないし、イライラしながらもなんとか耐える生活を送っていました。

 

 

そんなある日のこと、、、

 

僕の部署には50代のKさんという、絵にかいたような窓際社員がいるんですね。

何の仕事しているのかもよくわからないし、いてもいなくても気にならないレベルの人でした。

 

ある日の夕方ごろ、ちょっと外で休憩しようと思って机を離れて、そのKさんのデスクの前を通り過ぎようとしたときに、

ちらっとKさんの手元を横目で見てしまったんですよ。

 

そしたらなんと、、、

スマホのパズルゲームをゴリゴリやっているではありませんか(笑)。

今まで気にも留めなかった人だったので、自分の中でちょっと衝撃的な出来事でした。

 

ただその時は、「サボってんじゃねーよ!」という怒りの感情よりも、

「つまらなさそうな人生だなー」と、憐みの目で見ていましたね。

 

それからというもの、僕はことあるたびにKさんが気になるようになりました。

それでよくよく観察していると、毎日午後2時過ぎくらいに、1時間くらい外出していることがわかったんですよ。

風のうわさではどうやら散歩して気分転換いるらしいのです。

 

内心「俺が周りがうるさい中で、必死こいて働いてるのにふざけんじゃねー!」

ただでさえ仕事でイライラしていたのに、さらにイライラが増していったのを覚えています。

 

でもある時ふと気づいたんですよ。

「これだけ仕事サボっていてもばれないし、何も言われることがないんだったら、存在感薄いのって最強じゃね?」と。

 

そう、存在感の薄い社内ニートになってしまえば、

全く話しかけられないどころか、興味も持たれないし、余計な仕事だってないから、周りの雑音も気にならないんじゃないか、ということに気づいてしまったんですよ。

 

 

それからというもの、僕の興味はもっぱら、

「いかにして存在感の薄い社内ニートになるか」ということに絞られ、いろいろな方法を考えてみました。

 

物音をたてない、雑談しない、挨拶もしない、帰るときはスーッとばれないように帰る、などなど

考えられることはすべて試してみました。

 

まあそれはそれで一定の効果があったんですが、

根本的なことを考えると、手持ちの仕事を少なくしない限り社内ニートにはなれないことにも気づかされたんですよね。

 

仕事をたくさん抱えてしまったら、存在感が薄いばっかりに、だれにも協力してもらえないし、

雑音は気になって効率は下がるし、かえって悪い状況になってしまうわけですよ。

 

なので僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。

強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですよね。

 

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、僕の前の席に座っていた同期のA君は、

細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス)

 

「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

 

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

 

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。

 

もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、

タタターンとテンポよく出来たことが印象に残っています。

 

 

今では自分の強みをうまく使って突発的な仕事でもさっさと終わらせて、

存在感もなく、仕事もほとんどない社内ニートになってしまいました(笑)。

 

もちろん仕事もかなり余裕があるので、周りの雑音も気にならないし、堂々とこういったブログを書いて収入を得たり、充実した社内ニート生活を送っています。

 

いろいろな即効性のあるテクニックも大事ですが、

自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。

社内ニートを極める!自分の【強み】の診断方法とは?

2018年6月9日

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのテクニックやヒントを活用して、ストレスフリーな

優雅な社内ニート生活を満喫していただければ幸いです。

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。

↓メインサイトに飛びます。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク