夏の職場は冷房が寒い!上着などの10の対策まとめ

ストレス対策
スポンサーリンク

 

Aさん
夏なのに職場の冷房が効きすぎて寒くてたまらん!対策が知りたい!

こんな方に役立つ記事です。

 

記事の内容

・夏に職場の冷房が寒い時に集中するための10の対策

・寒くても気にしないくらいの余裕を持つポイント

 

どうも、社内ニート養成所のmiyanoです。

 

近年は省エネが叫ばれているだけあって、夏の職場のエアコンは温度高めに設定されていることが多いかもしれませんが、

男性が多い職場だと、キンキンに冷房効かせているところもあるかもしれません。

思わず「寒い!」と怒鳴りたくなりますよね(笑)。夏なのに足元や手はキンキンに冷たくなっているなんてことも、、、

 

とはいえ、暑くたって寒くたって仕事の量は減らないわけです。どうにかしなくてはいけません。

ということで今回は、夏に職場の冷房が効きすぎて寒い人のために、集中できないときの対策を体験談と共にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

夏の職場は冷房が寒い!上着などの10の対策まとめ

上着・防寒グッズ

エアコンがすぐそばにある席ですごく寒い思いをしていました。

最初はとにかく耐えようと考えましたが、あまりの寒さに耐えられず近くにあった百貨店で脚用のサポーターと腹巻きを購入しました。

足首とお腹を防寒さただけでかなり違いました。

外は暑いのにオフィス内は極寒、この温度差ではぜったい風邪をひくと思って、オフィス内ではずっとカーディガンを羽織っていました。

ウールはちょっとやり過ぎだと思ったので厚手のコットン素材をチョイスしました。けっこうしのげます。

男性営業マンが帰ってくるたびに容赦なく冷房を強めにするんです。

つねに常備しているカーデガン、ひざ掛けで寒さをしのぎ、その日の体調によってはストール、腹巻パンツも利用すしていました。

夏の職場の冷房が効きすぎて難儀したことは何度もあります。

職場の冷房を何度にするかは男性社員が決めており、女性はなかなか発言権を得られなかったので、いつもカーディガンを羽織って対処していました。肩が冷えやすかったので、こうしておくと体温を奪われずに済むのです。

冬のショールを羽織ることもありました。もし冷え性で悩んでいる人ならば冬用の毛布やショールでもいいと思います。

30名近くの人が働いているフロアで営業事務の仕事をしていましたが、職場が寒かったことがありました。

勝手に設定を下げることもできなかったので、下着を二重に着てくるようにしていました。寒いストレスもなくなりました。

夏の時期だけ冷房がガンガンにかけられていたので、とても寒かったことがあります。

多くの女性スタッフはひざ掛けをするなど工夫をしていましたが、男性の自分がひざ掛けすることができなかったので、靴下を二重に履いていました。

職場に暑がりの人がいる場合は、随分と低い温度に設定されている時がしばしばあります。

その人が、力関係の上の人(上司や先輩)であると、なかなか設定温度を自分が頻繁に戻す(上げる)ことができません。

そういう場合は、自分が冷房・冷風から身を守るしかなく、やはり上に一枚、カーディガンやウインドブレーカーなどを羽織り、時には膝掛けも行ないます。

そういうことを自分以外の何人かが行っていると、上の人かどなたかは分かりませんが、設定温度を上げてくれることもあって、結果的に適切な温度設定になることもあります。

男性が多い職場なので、私がそんなに暑いと感じなくても、すぐエアコンをつける人が多く、夏場なんかはもう毎日ガンガンにエアコンをかけて寒い思いをしていました。

そんな時はもうあきらめて真冬の時のような服装をします。

上着とひざ掛け必須で、温かい飲み物を常備します。

そうやっていると、暑がりの男性陣もさすがに私が寒がっていることに気付いてくれ、「温度少し上げようか」と調整してくれるようになりました。また、積極的にアイスコーヒーなどを淹れてあげて体感温度を下げてあげるとより良くなりました。

女性に冷えは禁物なので、下着や羽織り物、スカーフなどで調節し保温しました。

下着でお腹とおしり周りを保温したり、首と付く所を保温すると効果的なので、スカーフ・靴下・薄いカーディガンで対策するのも有効です。

事務所は朝から冷房ががかかっていて寒いので、半袖の上にいつでも羽織れるようにカーディガンをロッカーに常備するようにしています。

これで少し暑いと思ったら脱いで、寒くなるとまた着て調整できるのでとても便利で助かってます。

スポンサーリンク

温かい飲み物

寒さに弱いので、真冬のコーディネートは毎年エスキモー状態です。

最近はオフィスが真冬の寒空並みと化していて参ってます。

ショウガ入りのホットティーやホットココアは手離せません。これらを飲んでなんとか耐えています。

職場の冷房対策として、飲み物はいつも温かいものばかり飲むようにしていました。

こうすることで体の中から冷えてしまうことを防ぐことができます。

職場に着いたばかりの頃は、まだ体が熱いので温かい飲み物は正直いやなのですが、ここで冷たいものを飲んでしまうと一気に体が冷えてあとあと辛くなります。温かい飲み物だけを飲んでいると、指先や足先が冷えることもなく、快適に仕事ができました。

 

カップラーメン

カップラーメンを買いに行き、デスクにて食べることにしています。

夏にカップラーメンを食べていると周囲が驚くため、室温に対する疑問を表面化することが可能です。結果として、室温の調整にたどり着くケースが多かったです。

 

窓を開ける

職場の窓を全開にします。

夏の暑い風が部屋に入ってくるため、過剰に寒い室内に癒しがもたらされます。

結果として、室温の低さに多くの人が気付き、調整しようと思うようになるため、社員の総意として室温調整に傾きました。

 

こっそり設定温度変更

事務所内で仕事をしていましたが、冷房が18℃に設定されていたことがあったのでとても寒いことがありました。

上司がいない時に設定を高くしていましたが、その上司が設定を気にしないタイプの人だったので良かったです。

女性スタッフが多く働いている事務所内で仕事をしていましたが、男性上司が暑がりだったためとても寒かったことがあります。

上司が外出している時に、僕含めて女性スタッフと話し合って冷房の設定を下げていました。

電源のリモコンが冷房が3基あるのに、すべて設定が共通になってしまっているので常に暑い部署の人とこちらの寒い部署とで戦いになっている。

そのため大きく温度を上げたり、消してしまうともめるので、一度づつ温度を上げたりしている

 

スポンサーリンク
 

外出・ストレッチ

職場が寒くてどうしようもないとき、トイレ休憩のたびにストレッチをしていました。

特にトイレの時間が決められていたわけではなく、行きたい時に適宜言ってよい職場でした。そのためトイレに立つたびに、洗面台前のスペースで足を伸ばしたり背筋を伸ばしたりしていました。

こうすると急に全身の血行が良くなるのがわかります。気分も何となく爽快になりましたし、精神的にも良かったと思います。

毎朝早く会社にくる人が冷房の設定を低くしていたので、とても寒かったことがあります。

早く出勤した人の特権ではありませんが、勝手に下げることができなかったので、お昼の時間帯など時間があれば社外に出るようにしていました。

 

議題に出す

冷房の設定が下げられていたことがあったので、事務所内がとても寒かったことがあります。

他の人も同じような考えがあったので、社内会議で話題にのぼりました。その後、冷房の設定を下げる時は同意を得てからするようになりました。

 

風向きを変える

天井にエアコンが埋め込まれていますが、ちょうど風があたるところに席があります。

羽が壊れていて風向きが帰れないので、Air Wingを購入して取り付けてもらいました。

風が循環するので全く寒く無くなり執務室も温度がまんべんない温度になっています。

職場の事務所は夏はずっと冷房がかかっているので、その風が直撃しないようにエアコンに取り付けるカバーを会社に買ってもらい取り付けて貰いました。

これをつけると風が他の方向に受け流されるので快適になりました。

 

カイロを使う

ぽっちゃり体型の暑がりな上司が設定温度を22℃くらいに設定し、部屋中に冷気が行き渡ってとても寒い日が続いたことがありました。

そこで、私はカイロを持参して背中に貼りつけて仕事をするようにしていました。

その結果、エアコンの冷気とカイロの暖かさが程よい感じになり、集中して仕事に挑めるようになりました。

私の職場は、夏の冷房温度が設定されていました。24度ほどで設定していたのですが、私は個室で仕事をしていたため、すぐに部屋が冷えていました。

寒がりな私は、カーディガンをきて、夏なのにもかかわらずホッカイロを持っていました。

ホッカイロは暑くなれば、使わなければいいだけの重宝しました。誰にも迷惑をかけずに、すむのは良い点ですよね。

 

合わせ技

以前、整形外科に勤務していた時のことですが、来院して来られる患者さんのために、夏の時期は設定温度が低めでした。

古いタイプの空調設備だったので温度調節や風向きの調節などは自動でできないものでした。

なので、冷風が常に当たる場所には行かないようにし、暑くても、ストッキングの上には靴下を履き、上はカーディガンを羽織り、休憩時間には温かい飲み物をとるようにし、なるべく外の暖かい空気に触れるようにしていました。

自分なりの対処法でしたが、少しずつ冷えから解消された気がします。

スポンサーリンク

冷房効きすぎな職場でも余裕を持つために

 

「あああああーー寒い!!!」

 

とある工場に配属された入社当時、やったこともない高難易度の仕様書作成を丸投げされていた僕は、夏だというのに寒い職場の空気に心底イライラしていました。

ただでさえ難しい仕事で、気合い入れて考えないと全く進まない仕事にもかかわらず、

汗を流して現場仕事をしている人に合わせて、エアコンがかなり寒い温度に設定されていたんですよ。

 

せっかく集中しようとしていたのに、足元はキンキンに冷えていて、小刻みに動かないと体温を保っていられず、思わずキレてしまいそうになったのを覚えています。

上着も羽織っていたのにがっつり寒いわけですよ、たまりませんよね(笑)。

 

それに、単純に自分の仕事が遅いというのも原因の一つでした。

僕の前に座っている同期のA君は、同じような仕事でも僕の半分くらいの時間でさっさと片付けてしまうのに、

なんで自分はこんなに仕事が遅いのか、当時は全く分からなかったんですね。

 

「職場も寒いし、仕事も遅い、どうにかせねばならぬ!」

 

そう思い立った僕は、小手先のテクニックでその場しのぎするよりも、本質的に自分を変えるべきだと考え「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですね。

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、同期のA君は、細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。

「俺、A君と相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

 

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて逆に暇を持て余してしまうようになったんです、多少寒くたって気にならないくらいに(笑)。

 

その時の快感が忘れられずに、今では自分の強みをうまく使って仕事をさっさと終わらせて社内ニートを楽しむようになってしまいました(笑)。

 

職場が寒いときの即効性のあるテクニックも大事ですが、自分の強みを活かして仕事の効率を上げることも結構重要ですね。

社内ニートを極める!自分の【強み】の診断方法とは?

2018年6月9日

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

職場の環境は自分の力ではなかなか変えることはできませんが、

ぜひこれらのテクニックを活用して、優雅な社内ニート生活を満喫していただければ幸いです。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク