ウケ狙いNG!新入社員の職場飲み会での無難な自己紹介と挨拶のポイントまとめ

飲み会
スポンサーリンク

 

Aさん
新人なんだけど、ウケとか狙わなくていいから、職場の飲み会で無難にできる自己紹介が知りたいな~

こんな方に役立つ記事です。

 

記事の内容

・ウケ狙いNG!新入社員の職場飲み会での無難な自己紹介と挨拶のポイントまとめ

・社内ニートになったら飲み会参加しなくても気にされなくなった話

 

どうも、社内ニート養成所のmiynaoです。

 

ぶっちゃけ職場の飲み会っていきたくないですよねぇ、、、

そもそも楽しくないし、お酌しなきゃいけないし、気を使うし、地雷踏んだら説教されるし、お金もかかるし、何ならお金払ってもいいから行きたくないと思っています(笑)。

 

とはいえ、とはいえ、新人だったり若いうちはさすがに飲み会の誘いは断りづらいこともあるかもしれません。

特に新人であれば、配属されてすぐにやってくる歓迎会なんかは参加せざるおえないですよね。

 

何も話さずに過ごせればいいんですが、歓迎会といえば自己紹介は必須事項

どうにか無難に乗り切らなくてはいけませんね。

 

ということで今回は、新人のための職場の飲み会での自己紹介の挨拶で意識すべきポイントについて体験談とともにまとめてみました。

 

スポンサーリンク

仕事以外で上司の顔なんて見たくないんだが

ぶっちゃけ仕事以外で上司の顔を見るなんて苦痛でしかない、と考えている人が多いかもしれません。

 

僕も大いに同感です(笑)。

 

ですので断れる飲み会はガンガン断って、自分の将来のために有意義な時間を過ごした方がいいですよね。

 

でも、そうはうまくいかないこともあるわけです。

 

自分の歓迎会だったり、半強制的に参加させられていたり、自分の意志が弱くてついつい断れなかったり。

どうしても参加せざるを得ない状況もあります。

 

今回の記事では、あくまで断る飲み会は断って、仕方なく参加した飲み会で、

せめて無難に立ち振る舞うためのポイントを押さえましょう、という趣旨でやってきますのでご了承を。

スポンサーリンク

ウケ狙いNG!新入社員の職場飲み会での無難な自己紹介と挨拶のポイントまとめ

できるだけ大声を出す

飲み会の場にもよりますが、広いところだと端から端まで声が行き届かないこともあります。

大人数の場合はできるだけ大きな声を出すことが大切です。

女性は声がこもりがちなので、自己紹介のときはいつも大きな声で自分をアピールするようにしていました。

極度のあがり症のため、しゃべることを前もって鏡の前などで練習していました。

名前、年齢、趣味など、簡単なことで十分だと思います。

緊張が飛ぶくらい大きな声でしゃべると、気持ちが落ち着いてラクにしゃべれました。

 

できるだけ謙虚に

距離を縮めようと親しみのある図々しい言い方はNGです。

いきなり自分を出すのではなく幅広い世代が集まる自己紹介のときは、真面目が1番です。

私はいつも謙虚であることを意識していました。無難に乗り越えられるでしょう。

私が新卒で入社した時は自身の名前と出身地、そして出身校を述べて学部で習ってきたことと

全く畑違いの職場に入社したのでいち早く皆さまのお役に立てるよう頑張りますのでよろしくお願いします。

とかなり低姿勢で挨拶したのを覚えています。

特にこれといった話題は出しませんでしたが冷静に謙虚に挨拶したので一番無難ではなかったかと今では思います。

 

自分の名前の由来

ネタを言うならその場にいる人が全員分かるというのが前提です。

以前自分の名前の由来を言ったら、その場を盛り上げることができました。

自己紹介をする上で自然なタイミングで言えたので、うまくいったのだと思います。

スポンサーリンク

仕事での目標・意気込みを言う

無難に乗り越えるには、当たりさわりなく自分をアピールすることが大事です。

会社に入って自分なりの目標を言うと良いと思います。

前勤めていたところで会社に入ってこんな目標ができたと明るく言ったら好感触でした。

自己紹介では名前と会社で頑張りたいと言う意気込みを話せば良いと思います。

意気込みを話すのは新人ならではですので、明るく端的に話すことがコツです。

新人社員が多い場合、自己紹介が長いと後がつかえますので、長々と話すのはNGです。

第一印象が大事ですので、笑顔で挨拶をすることを心がけましょう。

私の後輩は飲み会でハキハキとした口調で

「〇〇大学出身の〇〇です。出身は東京の日暮里です。仕事の方はなるべく早く覚えて会社に貢献していきたいと感じております」と言って無難に乗り切っていました。

彼はしっかりと仕事の意気込みも答えていて良かったです。

笑顔で挨拶するのが大切です。話すスピードは早すぎず遅すぎずで、飲み会は声は少し大きめが好印象です。

内容は、名前や学校では何を学んだか、これから会社で働く上での目標や意識を伝え、これから教育してほしいことを伝えれば十分です。

私は「まだまだ無知なことが多く、皆さんに迷惑をかけることもあるかもしれませんが頑張りますので、どうかよろしくお願いします。」と言うと

頑張れよと後から話しかけられたりと好評でした。

 

趣味や特技を言う

自分を知ってもらうためにプライベートなことを言いましょう。趣味や特技を言うのが1番です。

特技はピアノ、趣味はサーフィンと言ったら意外だったのでしょうか、食いついてもらえました。

そこから話が広がり楽しかったです。

私の場合は、明るい口調で

「〇〇大学出身の〇〇です。趣味はテレビゲームで特技はテニスです。本日はよろしくおねがいたします」

と答えるようにしています。

趣味や特技を伝える事で同じ趣味の同僚や先輩が自分に寄ってくるのでオススメです。

緊張しやすくて、行ってる途中で噛んでしまいそうと思うなら、自分のことを短く、簡潔に伝えるのがおススメです。

趣味のことをしゃべれば、その後の会話などで話が弾みますし、親しみを持ってもらえると思います。

学生時代から鉄道旅行が好きだったので趣味の旅の話を無難にしました。

映画や漫画などは好みのジャンルがそれぞれですし、マニアックすぎる紹介だと引かれる危険もあるので

それは辞めたほうがいいかなとこれまでの経験で感じます。

自己紹介は落ち着いた雰囲気で、出来るだけゆっくりと話す。

まずは年齢から。次に名前と趣味など。趣味を話すと、後に趣味について聞かれるので、返答も用意しておく。

話が続くのが嫌ならば、あまり理解されない趣味も良いかも。

私はそれで、キノコ採りを趣味としてあげて、誰からも聞かれませんでした。

無難な自己紹介としては、出身地のこと、趣味を中心に簡潔に話すのが一番良いと思います。

そうすれば後日、それらをもとに先輩にも話しかけられやすくなると思います。

とにかく明るく大きな声で話すことを心がけるのがベストです。

 

できるだけシンプルに

人前でしゃべるというのがとにかく苦手で、どうしようかと思っていました。

変にいいことを言おうとすれば緊張で忘れてしまいそうだし。

悩んだ末、最終的には、「なるべくシンプルに、言いたいことだけを言う」という結論に達し、うまくいきました。

スポンサーリンク

他の人の話は気にしない

自己紹介する人が何人かいる場合は、他の人が上手に話していても気にせず

自分は自分、と思いながら簡潔に話すのが私にとってはよかったです。

好きな食べ物など、軽めのことを話したら、場が和んだように思います。

 

できるだけ明るい雰囲気で

笑顔が綺麗な女子の新入社員は明るい口調・雰囲気で

「〇〇大学出身の〇〇と申します。大学時代は演劇サークルで部長をやっていました。ちなみにお酒はそこまで強く無いのですが本日はよろしくお願いいたします。」と答えていました。

お酒が強くないと事前に言ってくれる事で、周りもお酒を勧めないで済むので良いですね。

自己紹介をする時は前を向き明るく元気に大きな声で喋ることが、すごく大事です。

経験上中身も大事ですが第一印象が大事で、ぼそぼそしゃべられたらイメージは良くありません。元気が良いだけで好印象を与えます。

中身は趣味や出身地やニックネームなど、自己紹介のあとネタにされやすい話を自己紹介に入れると

そのあとコミュニケーションが取りやすくなると思います。

話す項目は名前、出身地、特技、意気込み程度で充分だと思います。

最初に無理してノリの良いキャラを演じてしまうと、後々一発芸を振られたりいじられキャラになるなど、自分が苦労する羽目になるので控えた方が無難です。

内容よりも、明るく笑顔でハキハキと話すだけで印象は良いと思います。

 

やわらかい雰囲気で

堅苦しい感じでなく、柔らかい雰囲気を意識すること。

おどおどした感じを出すといじられキャラになるので、ゆっくりと丁寧に話すことをまず意識する。

私は女性が多い会社だったので、女臭さやでしゃばり感を出すと目をつけられやすい環境でした。

なので、落ち着いた感じで話し、自己紹介の内容もサブカルチャーの話をして、女性らしい話題を避けました。それで問題なく済みました。

スポンサーリンク

好きな芸能人など

自分が当時乗り切ったやり方としては名前や部署のところはきちんと丁寧に言いましたね。

ただし飲み会の席なのであまり堅苦しくなるのもどうかと思って、

フランク口調で自分の好きな芸能人や好みの女性のタイプなどを話しつつ

最後はよろしくお願いします。という一言で終えましたね。

飲み会で自己紹介をする際に無難な挨拶としては、受け狙いは絶対に走らないようにすることです。

また文章は短く短略的にして長い挨拶も避けましょう。

趣味があればそれを話するのも良いと思いますし、なければ好きな芸能人の話などもしてみたらどうでしょうか?

そのような付属の情報があると会話も他の方からされやすくなるので。

 

最後にお辞儀をする

私は、自己紹介は目立たないようにします。ひたすら笑顔で明るい口調で自己紹介をします。

話す内容は軽く趣味の旅行の内容などを告げて、一礼して終わりです。

同時に拍手がいただけたので、深くお辞儀をすることによってその場を終わらせることができました。

お辞儀をすると、それ以上話は振られないので、無難な方法だと思います。

 

前の人と同じような挨拶

他にも新入社員がいるのならば、自分の前に自己紹介した人と同じような挨拶をする。

私自身は私のみでしたので、「(名前)です。今日からこちらでお世話になります。よろしくお願いします」とだけ言いました。

大体は朝の朝礼の時間がない時に自己紹介すると思いますので、挨拶は「よろしくお願いします」+何か一言。で充分です。

社会人になった今は朝が忙しいのでだらだら挨拶する新入社員にイラッとします。

スポンサーリンク

趣味⇒親睦を深めたいパターン

ある年の新入社員のやり方は、

簡単な自分の経歴(○○出身の○○です)と紹介してからの自分の好きなことの趣味を話していましたね。

「食べることが好きなので先輩方に美味しい食べ物の店教えて欲しいです。そこから親睦を深めていきたいです。」

とうまく乗り切っていましたね。

 

出身地⇒学生時代のバイトや部活の話パターン

まずはお決まりの出身地を言えばいいと思います。

そして次に学生時代にやっていたアルバイトの話や部活の話が一番無難だと思います。

そこでどんな体験をして、どんな苦労をしたのか、どんな成果を出したのか。それを少しゆっくりした口調で話せば大丈夫です。

 

挨拶⇒名前⇒趣味⇒抱負パターン

無難でいいならば簡単です。一応笑顔で、背筋を伸ばし、簡潔な挨拶の言葉。

名前を述べ、出身校は省きます(下手したら印象が残ります)

無難な趣味を話し、新入社員歓迎会の名目ならばお礼の一言、最後に今後の抱負。以上です。

 

お礼⇒名前⇒学生時代の専攻⇒抱負のパターン

本日は私たち新入社員のためにこのような場を設けてくださり、ありがとうございます。

「名前」です、よろしくお願いします。大学では○○について勉強していました。まだまだ分からないことだらけですが、一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

(体験談:大学での話をすると食いついてくれる人がいて話が広がりました。最初のお礼の言葉は上司に褒めてもらいました。飲み会は騒がしい場所なので大きな声で喋るといいです)

スポンサーリンク

社内ニートになったら飲み会参加しなくても気にされなくなった話

 

「行きたくねぇぇぇ!!」

 

 

当時、工場で新人としてしばらく働いた後、部署を異動して都内勤務のデスクワーカーになった僕は、

客先から依頼された、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事と、

今夜控えている職場の飲み会に心底イライラしていました。

 

イライラの一番の原因は、仕事の難易度と、だれも教えてくれない、だれもサポートしてくれない理不尽な環境でしたが、

仕事内容は教えてくれないくせに、余計なちょっかいばかりかけてくる上司ばかりの飲み会に

参加しなければならないこともイライラの原因の1つでした。

 

僕がいたのは日本でもそれなりの大企業だったんですが、そういった会社って新陳代謝が遅いからか、

古い価値観を持った人たちが多いんですよね。

 

「俺が若いころなんてもっときつかったんだぞ」とか、

「大学出てるのにこんなこともわからんのか?」といった発言ばかりの職場だったんですよ。

 

ぶっちゃけ気持ち悪くないですか!?

 

「そんな古い価値観を持った人」というだけで正直話したくないし、話しかけられないわけですよ。

そんな人たちばかりがいる飲み会なんか、お金払っても行きたくないわけです。

まあでも断れるわけもなく、耐え忍ぶ日々を送っていました。

 

 

そんなある日のこと、、、

 

僕の部署には50代のKさんという、絵にかいたような窓際社員がいるんですね。

何の仕事しているのかもよくわからないし、いてもいなくても気にならないレベルの人でした。

 

ある日の夕方ごろ、ちょっと外で休憩しようと思って机を離れて、そのKさんのデスクの前を通り過ぎようとしたときに、

ちらっとKさんの手元を横目で見てしまったんですよ。

 

そしたらなんと、、、

スマホのパズルゲームをゴリゴリやっているではありませんか(笑)。

今まで気にも留めなかった人だったので、自分の中でちょっと衝撃的な出来事でした。

 

ただその時は、「サボってんじゃねーよ!」という怒りの感情よりも、

「つまらなさそうな人生だなー」と、憐みの目で見ていましたね。

 

それからというもの、僕はことあるたびにKさんが気になるようになりました。

それでよくよく思い返してみると、Kさんは職場の飲み会に全くと言っていいほど参加していないことに気づいたんです。

 

内心「俺が必死こいて時間ない中飲み会に参加してるのにふざけんじゃねー!」

ただでさえ仕事でイライラしていたのに、さらにイライラが増していったのを覚えています。

 

でもある時ふと気づいたんですよ。

「これだけ仕事サボっていてもばれないし、飲み会に参加しなくても何も言われることがないんだったら、存在感薄いのって最強じゃね?」と。

 

そう、存在感の薄い社内ニートになってしまえば、

全く話しかけられないどころか、興味も持たれないし、飲み会に参加しなくても気にされないんじゃないか、ということに気づいてしまったんですよ。

 

 

それからというもの、僕の興味はもっぱら、

「いかにして存在感の薄い社内ニートになるか」ということに絞られ、いろいろな方法を考えてみました。

 

物音をたてない、雑談しない、挨拶もしない、帰るときはスーッとばれないように帰る、などなど

考えられることはすべて試してみました。

 

まあそれはそれで一定の効果があったんですが、

根本的なことを考えると、手持ちの仕事を少なくしない限り社内ニートにはなれないことにも気づかされたんですよね。

 

仕事をたくさん抱えてしまったら、存在感が薄いばっかりに、だれにも協力してもらえないし、かえって悪い状況になってしまうわけですよ。

 

なので僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。

強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですよね。

 

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、僕の前の席に座っていた同期のA君は、

細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス)

 

「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

 

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

 

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。

 

もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、

タタターンとテンポよく出来たことが印象に残っています。

 

 

今では自分の強みをうまく使って突発的な仕事でもさっさと終わらせて、

存在感もなく、仕事もほとんどない社内ニートになってしまいました(笑)。

 

もちろん上司たちに話しかけられることもないので、

飲み会に参加しなくても何にも言われず、充実した社内ニート生活を送っています。

 

いろいろな即効性のあるテクニックも大事ですが、

自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。

社内ニートを極める!自分の【強み】の診断方法とは?

2018年6月9日

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのテクニックやヒントを活用して、ストレスフリーな

優雅な社内ニート生活を満喫してみてくださいね。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク