辞めたい!仕事が評価されないで悔しい時のやる気・モチベーションの上げ方22選

ストレス対策
スポンサーリンク

 

Aさん
仕事が評価されなくて悔しいんだけど、どうにかモチベーションを上げる方法が知りたいなー

こんな方に役立つ記事です。

 

記事の内容

・辞めたい!仕事が評価されないで悔しい時のやる気・モチベーションの上げ方まとめ

・社内ニートになったら上司の評価とか気にならなくなった話

 

どうも、社内ニート養成所のmiynaoです。

 

社会人として働いていると、上司からの評価は重要な指標になってきますよね。

正当に評価されていればいいんですが、中にはなかなか頑張っているのに評価されないこともあるかもしれません。

でも、愚痴愚痴言ってもしょうがないですから、モチベーションを保っていかないといけませんよね。

 

ということで今回は、仕事が評価されなくて悔しい思いをしているときに、モチベーションを上げる方法について体験談とともにまとめてみました。

 

スポンサーリンク

辞めたい!仕事が評価されないで悔しい時のやる気・モチベーションの上げ方まとめ

ヨガ

ひとつの仕事成功したのにそれに対して当たり前みたいな言い方されることが…

もちろんそれ以上のことは求められませんが、モヤモヤするものです。

そんなときに忘れられるのがヨガ。スクールでポーズに集中するとばかばかしくなってきます。

 

お笑い

何年積み重ねて努力しても仕事が評価されない時代がありました。

そんなとき、自分のモチベーションを高めてくれたのがお笑い番組です。

心の中からおもいっきり笑うことでスカッとしました。笑うことの素晴らしさを知りました。

 

美味しいお茶

自分ではすごくうまくいったと思う仕事が、イマイチと言われることもあります。

そんなときは美味しいお茶を買ってミネラルウォーターをお茶にふさわしい温度に熱し丁寧にいれます。

自分はこんなに美味しいお茶をいれられるんだぞと自己満足しやる気を高めています。

 

習い事

仕事を成功させるため自宅に持ち帰ってまで頑張ったのにスルーされることが…

そんなときは音楽や美術など得意分野の習い事に通います。

仕上がった作品を褒めてもらえると、また頑張るぞという気持ちになれるんです。

仕事で埋められない穴は、他ごとに目を向けることで、モチベーションを保ちます。

私はずっと平日夜習い事をしていましたが、気分転換になるし、仕事で落ち込むことは減りました。

現状を変えることは難しいかもしれないですが、気持ちは保つことで、仕事は頑張り続けることができます。

スポンサーリンク

生け花

仕事で良い企画ができずやっとの思いで仕上げた企画がボツになることもあります。

そんなときはお花を生けるんです。全体のバランスを考えることに集中すると、次の仕事にいかせたら良いなと前向きな気持ちになります。

 

相談

自分も頑張っているつもりなのに、評価が低かったら落ち込みやる気も喪失しがちですが、そこでへこん投げやりになってもメリットゼロ。

落ち込んでモチベーションが低下しそうなときは、信頼できる上司や先輩に相談すると良いです。

不満を聞いてもらえるだけでも落ち着き、前向きになれます。

評価してくれない上司以外の上司に意見を聞いてみる。

私が新人だった頃、私がやったことに対してなんでもかんでも批判してくる上司がいました。

私は他の上司に意見を求めて、その上司から評価されたことがありました。評価されたことでモチベーションが上がりました。

 

得意なことを優先する

評価されないことを気にして仕事に集中できなくなると、ミスをしてますます評価を下げてしまう事にもなりかねません。

どうしてもやる気が起きないときは、あえて急ぐことではなくても自分が好きなこと、得意なことを優先して片付けます。

そうすることで気持を落ち着かせることができます。

スポンサーリンク

あえて忙しくする

落ち込んだとき、余計な事を考えないようにするのが一番です。

そのためには、あえて忙しくするのが効果的です。急ぐ仕事ではないことでも、これを今日片付けよう。と自分なりに目標を立ててそれに集中すするようにします。

そうすると余計な事を考えずに済み、モチベーションの低下を防げます。

 

早く帰る

どうしてもやる気が起きないときは、ムリに頑張ろうとしてもなかなか成果には繋がらないと思います。

そんな時は、仕事を早く切り上げるのが良いと思う。

仕事から頭を切りはなした時間をつくるくだけでも、翌日の気分が変わります。

 

他の人は見ている

会社はいろいろな種類の人間がいるので、自分に対する評価も人によってバラバラです。

自分は上司にあまり評価されませんでしたが、違う部署の上司が分かってくれていたので、見ている人はいるんだと思ってモチベーションを上げてい働けました。

「その上司の評価は本当に必要か」と考えます。

私の職場では、上司はその人ひとりだけではなく複数いました。

その中で少しでも自分のことを認めてくれる上司がいることを確認することで、モチベーションを上げることができました。

スポンサーリンク

ドキュメンタリーを見る

ヒューマンドキュメンタリー番組を視聴して、モチベーションを上げるようにしています。

挫折に立ち向かっていく人達の姿を見ると、自分も頑張ろうと思えてきます。

結果として、上司を納得させるために仕事を頑張ろうと思えてきます。

 

転職

このような場合には転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトには自分の職歴や実績を入力する箇所がありますが、内容が充実していれば、他社からのオファーが大量にきます。

このことで自分の実績への評価が客観的に理解できます。ただオファーが来ない場合は、仕事の評価としてはまだまだ低いということですので、努力が必要です。

 

資格取得

資格試験に挑戦します。

具体的には、上司など他の人からの評価ですと、評価する人の感情によっても評価が左右されますので、資格試験に挑戦することにしました。

経理関係の仕事をしていましたので、簿記の勉強をし、資格試験にも合格することができました。

スポンサーリンク

自己評価を上げる

仕事が評価されなくて悔しい時には、周りが自分に嫉妬していると思うことにしています。

自分は優秀だ、ミスをしたわけではない、いまは悔しいがいつか認められる日がくると

自分に言い聞かせることでモチベーションをあげるようにしています。

 

バネにする

悔しいと思えることは、その仕事に対してそれぐらい一所懸命打ち込むことができたということだと考えるようにしています。

周りから評価されないとしても今だけのことなので、もっといい仕事をして見返してやるとモチベーションを保つようにしています。

顧客のためを思って自分が積極的に動き回って一件落着したものの上司から出しゃばりすぎと怒られた時は転職も考えました。

誰かが動かなければ大口の受注を失注するところだったのに。でも、とにかく自分の行動を省みて間違っていないと確信が持てたので、堂々としていればいい、いつか評価されると思い仕事をしました。

実際、その後はその通りになり昇任もしました。

 

所詮上司も人間

私が会社で働いていると仕事が正当に評価されないことが多々あります。

そんな時は、部下の仕事を正当に評価できない上司はろくな上司ではない、そんな無能な上司に私の仕事にケチをつけられることはないと心の中で自分を励まして、モチベーションを保っています。

スポンサーリンク

映画

自分としては最高だったのに、上司から何度もダメ出しをくらい、あげくに「他の人にやって貰うから」と、断られたことがあります。

苦労が全部無駄になっただけでなく、軽蔑されたことも悔しかったです。

その時はヤル気も失せ、ヤケクソ半分で映画館に行って、たまたま公開中の映画を観ました。

それが意外に面白い映画で、散々な目にあった主人公がド根性とサバイバルでリベンジを果たすという内容でした。

観終わったら「私も頑張ろう!」という気になっていました。それ以来、モチベーションを上げたい時は映画を観ます。

 

プライベートを充実させる

仕事とプライベートをきっちり分けるのが一番だと思います。

私は仕事での嫌なことはしょっちゅうでしたが、プライベートを充実させるようにしていました。

仕事は一生のものではないと考えると楽になります。モチベーションは仕事以外の人と会ったりすることであがると思います。

友達でも、家族でも、兄弟でも。買いものするなら仕事の服選びはせず、プライベートの服選びが良いと思います。仕事から離れて発散することですね!

モチベーションを上げるには自分の好きなことをおもいっきりやるのが一番いいので、私は親友と一日中遊びまくって気持ちを切り替えています。

美味しい物を食べながら沢山おしゃべりをしたりショッピングを楽しんだりしているうちに元気が出てきて、また明日から頑張って働こうという気持ちになってきます。

仕事をしていると、先に入社している人の方が上司と仲の良い関係を築いていることがあります。

それで、自分の方が評価されません。そんな時、自分なりの楽しみをつくることです。

ここまで頑張ったらこれを買おうなど、と決めておくとやる気がでます。

仕事が終わってからの時間を充実させてみましょう。

美味しいものを食べるでも良いですし、カラオケに行くでも、趣味に没頭するでも、自分が楽しめることならなんでも良いです。

仕事以外の時間が充実することにより、気持ちに潤いが持てますよ。

 

勉強する

仕事が評価されないで悔しいと感じる時は良くある事だと思います。

ですが、私はその悔しいと思った気持ちを次に活かして次の仕事ではそれ以上のことをやってやると思います。

そこで先ずやる事が知識を集めその仕事の専門的なことを勉強し、どの様な流れで行くか計画を立てて何度も見直しをしています。

スポンサーリンク

ドか食い

食べる物も食べず頑張った時ほど、上司に良い評価をされない事が多いです。

たぶん実力不足で余計な時間を費やしているのだと思います。でも悔しさも落胆も大きく、すごく疲れを感じます。

そういう時は、とにかく食べることにしています。カレーが好きなので、大きいトンカツの載ったカツカレーを食べます。

特に辛口を食べると、一気に元気が出て、モチベーションが上がります。

 

感情をなくす

仕事中は無になる。無の心を常に意識して、たとえ上司の評価か低くても気にせず、周りと自分を比べず、ただ黙々と仕事をこなす。

こうして続けているうちにだんだんと自然にできるようになり、不思議と気にとなりますよ。

 

同期と飲みに行く

同期と飲みにいく!に限ります。

同じ時期に入社したもの同士、何かと励みになりますし悩みも打ち明けられます。

皆、必ず悩みはあるはずですので、一人で悩まずに皆で悩みを共有しモチベーションを上げていきましょう!

 

スポンサーリンク
 

社内ニートになったら上司の評価とか気にならなくなった話

 

「終わらねぇぇぇ!!」

 

 

当時、工場で新人としてしばらく働いた後、部署を異動して都内勤務のデスクワーカーになった僕は、

客先から依頼された、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事とに心底イライラしていました。

 

イライラの一番の原因は、仕事の難易度と、だれも教えてくれない、だれもサポートしてくれない理不尽な環境でしたが、

仕事内容は教えてくれないくせに、チクチク文句やダメ出ししてくる上司がイライラの原因の1つでした。

 

僕がいたのは日本でもそれなりの大企業だったんですが、そういった会社って新陳代謝が遅いからか、

古い価値観を持った人たちが多いんですよね。

 

「俺が若いころなんてもっときつかったんだぞ」とか、

「大学出てるのにこんなこともわからんのか?」といった発言ばかりの職場だったんですよ。

 

ぶっちゃけ気持ち悪くないですか!?

 

「そんな古い価値観を持った人」というだけで正直話したくないし、話しかけられないわけですよ。

そして、そんなスタンスで仕事をしていたら上司からの評価が低くなるのも当然なわけです(笑)。

 

でも、評価を上げるために媚びを売りたくもないし、悶々とする日々を送っていました。

 

 

そんなある日のこと、、、

 

僕の部署には50代のKさんという、絵にかいたような窓際社員がいるんですね。

何の仕事しているのかもよくわからないし、いてもいなくても気にならないレベルの人でした。

 

ある日の夕方ごろ、ちょっと外で休憩しようと思って机を離れて、そのKさんのデスクの前を通り過ぎようとしたときに、

ちらっとKさんの手元を横目で見てしまったんですよ。

 

そしたらなんと、、、

スマホのパズルゲームをゴリゴリやっているではありませんか(笑)。

今まで気にも留めなかった人だったので、自分の中でちょっと衝撃的な出来事でした。

 

ただその時は、「サボってんじゃねーよ!」という怒りの感情よりも、

「つまらなさそうな人生だなー」と、憐みの目で見ていましたね。

 

それからというもの、僕はことあるたびにKさんが気になるようになりました。

それでよくよく思い返してみると、Kさんは仕事中にデスクを離れて散歩まで楽しんでいるではありませんか。

 

内心「俺が必死こいて仕事してるのにふざけんじゃねー!」

ただでさえ仕事でイライラしていたのに、さらにイライラが増していったのを覚えています。

 

でもある時ふと気づいたんですよ。

「これだけ仕事サボっていてもばれないし、存在感薄いから周りの目や人からの評価も気にならないし、社内ニートって最強じゃね?」と。

 

そう、存在感の薄い社内ニートになってしまえば、

全く話しかけられないどころか、興味も持たれないし、自由気ままに仕事ができるから、上司からの評価も気にならないんじゃないか、ということに気づいてしまったんですよ。

 

 

それからというもの、僕の興味はもっぱら、

「いかにして存在感の薄い社内ニートになるか」ということに絞られ、いろいろな方法を考えてみました。

 

物音をたてない、雑談しない、挨拶もしない、帰るときはスーッとばれないように帰る、などなど

考えられることはすべて試してみました。

 

まあそれはそれで一定の効果があったんですが、

根本的なことを考えると、手持ちの仕事を少なくしない限り社内ニートにはなれないことにも気づかされたんですよね。

 

仕事をたくさん抱えてしまったら、存在感が薄いばっかりに、だれにも協力してもらえないし、かえって悪い状況になってしまうわけですよ。

 

なので僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。

強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですよね。

 

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、僕の前の席に座っていた同期のA君は、

細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス)

 

「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

 

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

 

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。

 

もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、

タタターンとテンポよく出来たことが印象に残っています。

 

 

今では自分の強みをうまく使って突発的な仕事でもさっさと終わらせて、

存在感もなく、仕事もほとんどない社内ニートになってしまいました(笑)。

 

上司からの評価も気にならなくなったんですが、仕事を早く片付けているからか、

僕の意に反して、上司からの評価は上がっているようです(笑)。

 

いろいろな即効性のあるテクニックも大事ですが、

自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。

社内ニートを極める!自分の【強み】の診断方法とは?

2018年6月9日

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのテクニックやヒントを活用して、ストレスフリーな

優雅な社内ニート生活を満喫してみてくださいね。

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。

↓メインサイトに飛びます。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク