人生の無駄!くだらない職場の飲み会の断り方18選

飲み会
スポンサーリンク

 

Aさん
職場の飲み会って人生の無駄だし、くだらないんだけどどうにか断る方法が知りたいなー

こんな方に役立つ記事です。

 

記事の内容

・人生の無駄!くだらない職場の飲み会の断り方まとめ

・社内ニートになったら飲み会参加しなくても気にされなくなった話

 

どうも、社内ニート養成所のmiynaoです。

 

ぶっちゃけ職場の飲み会っていきたくないですよねぇ、、、

そもそも楽しくないし、お酌しなきゃいけないし、気を使うし、地雷踏んだら説教されるし、お金もかかるし、何ならお金払ってもいいから行きたくないと思っています(笑)。

飲みにケーションとか無駄でしかないんですよねぇ。

 

とはいえ、特に新人だったり若いうちは飲み会の誘いは断りたくても断りづらいこともあるかもしれません。

ということで今回は、そんな行きたくない職場の飲み会をどうにか断る方法について体験談とともにまとめてみました。

 

スポンサーリンク

人生の無駄!くだらない職場の飲み会の断り方まとめ

次の日の朝早いんです!

次の日が休みだった場合、朝早いという理由を伝えて断る方法があります。

以前前日に飲んでいたら起床できなかったことがあるんです、と言って断ったことがあります。

会社の皆さんはそれなら仕方ないねと言ってくれました。

 

自分の体調不良

実はあまり体調が良くないと言って断る方法があります。

お腹が痛いので今日はとりあえず帰って休みますと飲み会を断ったことがありました。

これなら誰からも責められることはありません。後日この前は大丈夫だったかと声をかけてくれました。

何度も使える手ではありませんが、体調不良を理由に断れば、あまり強く誘われないと思います。

「最近風邪気味で、今日も薬を飲んでしまったので今回は行けない」などと理由を言えば

だいたい「じゃあしかたないね」と、なります。

ハードな仕事が続いて、疲れがたまって体調が優れないからと言って飲み会を断りました。

特に飲み会を断ることに対して、職場の人達から文句を言われることもなく、上手く飲み会を避けることが出来ました。

そのためにも普段から仕事を頑張っておくことが必要ですが。

体調が悪いといって断る。

パッとみた感じ元気そうに見えるけどと言われましたが、実は胃腸の具合がどうもよくないので行ってものめないから薬をもらいに終わったら医者にいってこようかと思って。

次の日に仕事出られなかったら元も子もないと伝えたらようやく理解してもらえました。

職場の飲み会って嫌いではないのですが、気乗りしないこともあるし、なるべくプライベートでは関わり合いになりたくない人物が参加しているときは断っています。

わたしがいつも使っているのは、「今日はお腹が痛くて…」という体調不良を理由にしたもの。

これだと相手は無理にとは言えないし、即納得してもらえるので楽です。

ちなみにこの理由をしょっちゅう使うために、わたしは職場ではお腹が弱い人間という設定にしています。

スポンサーリンク

病院の予約

婦人系の病院の予約があると断った。そうやって断れば男性はまず詳しく突っ込んでくることはない。

一度この方法で断ったけど、デリケートな内容だったのでそれ以上根掘り葉掘り聞かれることはなかった。

次の日に病院は一応定期検診だったんですって言って謝ったら何も言われなかった。

「夕方歯医者の予約を入れてしまったため、欠席します」これで会社の飲み会を欠席しました。

用事が終わった後に来ればいいのに等言われる場合でも、さすがに「歯の治療」と言えば周りから何も言われなくなり

堂々と欠席できます。

 

禁酒中

禁酒していることを伝えると、飲み会をうまく断れます。

最近プライベートで飲み会が続いていて、健康のためにそろそろ禁酒しなければならないと思っていたんです、と以前断ったことがありました。体のためというのがポイントです。

 

親戚が来ている

お客さんが来ると言うと、参加できないことを分かってもらえます。

あまり参加したくない飲み会に母親が来ていると言って断ったことがありました。

それならしょうがないねと分かってもらえます。誰からも突っ込まれることはありません。

遠くから甥っ子と姪っ子が来て、一緒に食事があると言えば大丈夫だと思います。

断ると機嫌が悪くなる子供っぽい大人がいますが、そんな人とは関わりたくありません。

一度、飲み会すると何度もあるので、付き合わない方が無難です。

 

異性との予定

くだらない飲み会を絶対に断れる方法はないと思いますが、嘘がばれずにリアリティある言い訳はやはり男女関係の話題です。

彼女がいるならシンプルに「彼女とデートなんです」と言えば良いし、いなくても「今日女の子と遊ぶんですよ」と言えば、

強引に誘って来る人は居なかったです。

くだらない飲み会に誘うのは男性の上司などが多いので、異性と遊ぶという話題を出すと

首を突っ込みづらいという傾向があると思いますね。

職場の飲み会って毎回嫌ですよね。俺はそういうときは彼女が泊まりに来てるんで、という嘘をついて飲み会を断っています。

正直、舐めてると思われるのかもしれませんが、家に誰かが待っているという状況を作り出すと闇雲に誘いにくくなるみたいです。

スポンサーリンク

趣味・習い事

断る方法として、仕事終わりに習い事やトレーニングジムの予約があるといって言い訳をしました。

実際に下手に飲み会につきあうよりも自分の正当な趣味の時間をあらかじめスケジュールに組み込んでいるのがおすすめです。

山に行くのが好きで、時折行っているので、それを理由として断りました。

誘ってきた同僚にはこの時期ではないと行けないんだと熱弁して、納得させました。

相手もちょっと引いた感じになって、それならば良いよとなりました。

普段から何か運動していることを職場に伝えておき、飲み会の多い週末の金曜日などを活動している日だとあらかじめ言っておく事が下準備です。

「終わってから来い」と言われても「運動後の飲酒は危険だから」と断れるし、

運動のないその日に急に飲みに行こうと誘われても「運動の集まりの飲み会があるので」と先に約束してある事を強調して断るのに使っていました。

「その日は英会話教室があるから参加できない」と言って断ると、いつもそれ以上何も言われません。

スキルアップに繋がる上にスケジュール調整が難しい予定なので、本当に勉強しているか英語力にそれなりの自信があるなら都合の良い理由になると思います。

 

大切な友人との約束

私は大学の仲間との飲み会があるといって断る時があります。人間ほとんどの人は友達が大切なはずです。

大切な仲間ということをアピールし、なかなか日程が合わないことを加えてアピールすると、快く行っておいで、という空気に自然となります。

遠方の友人が訪ねてきてくれたので、終業後に会うことになっていることになっているので行けないんです。

ということにして伝えたら、どこの人やねんと聞かれはしましたが、仕方ないな、行っておいでと言われて事なきを得ました。

「友達とご飯に行く予定があるので」という理由で断りました。堂々とすることがポイントです。

おどおどとした態度でこれを言うと、行きたくない口実だなという風に伝わってしまいます。

どこのお店に行くのか聞かれた時のために、飲み会会場と離れているお店をパッと答えられるようにするのもポイントです。

私の言い訳は「今日は地方から友達が泊まりに来るのですみません」と言い訳をして断ります。

この理由だと強引に誘われることが無いので「それなら仕方が無い」と言われました。

角も立たないので、とても有効な断り方だと思っています。

 

金欠

親戚の結婚式が有って、そのご祝儀に結構払ったから、今月は厳しいと断りました。

同僚と後輩に誘われましたが、同僚と後輩もお給料は大体同じなので、察してくれて、断る事が出来ました。

ご祝儀は中々の金額ですからね。

スポンサーリンク

子供の面倒を見る

子供のいる人は子供の面倒をみなければいけないと断ってます。

子供がいない場合は甥や姪をつかいましょう。私は孫がいる上司にその理由で飲み会を断っています。

子供のいない上司には通じないかもですが、強きの言い方ではっきりと断りましょう。

奥さんが体調を崩していて、子供たちの面倒を見なければならないため、と言って職場の飲み会を断りました。

特に小さな子供がいる場合には、有効な言い訳になると思いますし、これで何か職場の人達から文句を言われたことはないです。

 

来週の仕事も頑張りたいので

入社して間もない頃に誘われて、そのときは来週の仕事にも懸命に励みたいので、今日は早く帰って寝ますと言いました。

相手も立派な奴だなと言うような表情で、了承してくれました。

相手も休む大切さを理解してくれて、感謝です。

 

親族の体調不良

一番使えるのは親が具合悪いから病院連れて行くなど親ネタでした。

特に一人暮らしであれば、この後急用で実家に帰らなくてはいけなくて?など実家に帰る作戦をよく使っていました。

職場から遠すぎないとこに実家がある人は絶対使えます。

そう何回も使える手ではないのですが、親の体調を理由にして断ると特に角は立ちません。

私の場合父親が脳梗塞からの認知症が出てしまったため、早めに職場に知らせていたこともあって、親が心配でと言えば特に何か言われることはありませんでした。

忘年会などの節目には出席していましたし、親の病気は事実なので、咎める方が鬼のように思われるでしょう。

子どもさんのおられる方で共働きで、子どもが熱だしているから終わったら急いで帰らなきゃならない。

親に来てもらってみてもらっているけど遅くまでいてもらうわけにはいかないから。

と緊迫した状態で断ったら誘ってきた方もそれにのみこまれて断りを了承したと聞きました。

しょっちゅうは使えないけどけっこう効果あったそうです。

スポンサーリンク

温和に断る

まず、自分と同じような考え方の同僚を探し、「行きたくないですよねー」という風にお互いこっそり相談をします。

絶対に行きたくないという人が一人や二人はいるはずです。それで断る意思が固まり、勇気が出ます。

そして、幹事さんに何か言われたら困った顔で「すみません、ちょっと事情があって…。全員参加ではないですよね?」となるべく温和にお断りします。

それ以上しつこく理由を聞かれないし、(この人はそういうスタンスなのだ)と認識してもらえます。

 

家族の介護

家族の介護がある事を直接上司や同僚に説明します。

毎回誘われても介護の現状で仕事が終わり次第自宅に直ぐ帰らなければならない事を説明すると、

しつこく誘ってくる上司や同僚も納得して諦めて同情してくれて、参加できない代わりにビール券や商品券を頂けます。

 

前科を作っておく

あえて一回飲み会に参加してそこで酔いつぶれるです。勿論、ふりをするだけでも構いません。

酔っぱらってウザいからみ方をする奴はみんな嫌いですよね。

一回粗相をしてみることで、次からはあちらの方から誘わなくなります。失うものがない人にとっては最強の方法です。

 

家族の誕生日

家族の誕生日を引き合いに出しました。

当時、わたしは実家暮らしで父母、妹、弟が一緒に暮らしていて、隣の家には父方の祖父母もいました。

なので、どうしてものときに「誰かの葬式」を言い訳にする逆バージョンで誕生日を使うことにしたのです。

兄弟ではインパクトがないので両親か祖父母の誕生日が使いやすかったです。

みんなで食事するところを予約してあると言ったらうまく切り抜けました。

 

嫁の許しが出ない

会社の飲み会ほど、めんどくさく生産性のないものはありません。

行きたくもないのに、半ば強制で参加させられ会費を取られる場合もありますよね。

私は結婚を機に、飲み会は最低月二回ていどにとどめるようにしています。理由は嫁決裁が取れないの一点張りです。

以前にも新任部長が配属された日、オフィシャルの歓迎会が別日で予定されているのに有志の歓迎会がありました。もちろん、当日決裁なんて取る気もありませんから、嫁を悪者にしてお断りしました。

 

先約がある

体調不良だと相手に気を遣わせてしまうし、家族を出すと後々ぼろが出やすいと思います。

先約があると言うのが一番無難だと思います。

こちらにも参加したかったけど、あちらの方が先だったのでしかたがない。というニュアンスなので利用しやすいです。

スポンサーリンク

社内ニートになったら飲み会参加しなくても気にされなくなった話

 

「行きたくねぇぇぇ!!」

 

 

当時、工場で新人としてしばらく働いた後、部署を異動して都内勤務のデスクワーカーになった僕は、

客先から依頼された、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事と、

今夜控えている職場の飲み会に心底イライラしていました。

 

イライラの一番の原因は、仕事の難易度と、だれも教えてくれない、だれもサポートしてくれない理不尽な環境でしたが、

仕事内容は教えてくれないくせに、余計なちょっかいばかりかけてくる上司ばかりの飲み会に

参加しなければならないこともイライラの原因の1つでした。

 

僕がいたのは日本でもそれなりの大企業だったんですが、そういった会社って新陳代謝が遅いからか、

古い価値観を持った人たちが多いんですよね。

 

「俺が若いころなんてもっときつかったんだぞ」とか、

「大学出てるのにこんなこともわからんのか?」といった発言ばかりの職場だったんですよ。

 

ぶっちゃけ気持ち悪くないですか!?

 

「そんな古い価値観を持った人」というだけで正直話したくないし、話しかけられないわけですよ。

そんな人たちばかりがいる飲み会なんか、お金払っても行きたくないわけです。

まあでも断れるわけもなく、耐え忍ぶ日々を送っていました。

 

 

そんなある日のこと、、、

 

僕の部署には50代のKさんという、絵にかいたような窓際社員がいるんですね。

何の仕事しているのかもよくわからないし、いてもいなくても気にならないレベルの人でした。

 

ある日の夕方ごろ、ちょっと外で休憩しようと思って机を離れて、そのKさんのデスクの前を通り過ぎようとしたときに、

ちらっとKさんの手元を横目で見てしまったんですよ。

 

そしたらなんと、、、

スマホのパズルゲームをゴリゴリやっているではありませんか(笑)。

今まで気にも留めなかった人だったので、自分の中でちょっと衝撃的な出来事でした。

 

ただその時は、「サボってんじゃねーよ!」という怒りの感情よりも、

「つまらなさそうな人生だなー」と、憐みの目で見ていましたね。

 

それからというもの、僕はことあるたびにKさんが気になるようになりました。

それでよくよく思い返してみると、Kさんは職場の飲み会に全くと言っていいほど参加していないことに気づいたんです。

 

内心「俺が必死こいて時間ない中飲み会に参加してるのにふざけんじゃねー!」

ただでさえ仕事でイライラしていたのに、さらにイライラが増していったのを覚えています。

 

でもある時ふと気づいたんですよ。

「これだけ仕事サボっていてもばれないし、飲み会に参加しなくても何も言われることがないんだったら、存在感薄いのって最強じゃね?」と。

 

そう、存在感の薄い社内ニートになってしまえば、

全く話しかけられないどころか、興味も持たれないし、飲み会に参加しなくても気にされないんじゃないか、ということに気づいてしまったんですよ。

 

 

それからというもの、僕の興味はもっぱら、

「いかにして存在感の薄い社内ニートになるか」ということに絞られ、いろいろな方法を考えてみました。

 

物音をたてない、雑談しない、挨拶もしない、帰るときはスーッとばれないように帰る、などなど

考えられることはすべて試してみました。

 

まあそれはそれで一定の効果があったんですが、

根本的なことを考えると、手持ちの仕事を少なくしない限り社内ニートにはなれないことにも気づかされたんですよね。

 

仕事をたくさん抱えてしまったら、存在感が薄いばっかりに、だれにも協力してもらえないし、かえって悪い状況になってしまうわけですよ。

 

なので僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。

強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですよね。

 

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、僕の前の席に座っていた同期のA君は、

細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス)

 

「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

 

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

 

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。

 

もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、

タタターンとテンポよく出来たことが印象に残っています。

 

 

今では自分の強みをうまく使って突発的な仕事でもさっさと終わらせて、

存在感もなく、仕事もほとんどない社内ニートになってしまいました(笑)。

 

もちろん上司たちに話しかけられることもないので、

飲み会に参加しなくても何にも言われず、充実した社内ニート生活を送っています。

 

いろいろな即効性のあるテクニックも大事ですが、

自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。

社内ニートを極める!自分の【強み】の診断方法とは?

2018年6月9日

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのテクニックやヒントを活用して、ストレスフリーな

優雅な社内ニート生活を満喫していただければ幸いです。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク