えこひいきする上司の対策17選

ストレス対策
スポンサーリンク

 

Aさん
職場の上司でえこひいきしまくる人がいるんだけど、対策が知りたいなー

こんな方に役立つ記事です。

 

記事の内容

・えこひいきする上司の対策まとめ

・社内ニートになったらえこひいきも気にしなくなった話

 

どうも、社内ニート養成所のmiynaoです。

 

社会人であれば仕事において職場内での交友関係は大事になってきますよね。

いろいろ教えてもらうのもそうですし、仕事の相談や愚痴を聞いてもらったり、いろいろ助けになります。

 

ですが、中には色眼鏡で見まくって理不尽にえこひいきする上司もいるかもしれません。

そんな上司がいたらせっかく頑張っても正当な評価が得られないですし、どうにかせねばなりませんね。

 

ということで今回は、えこひいきする上司への対策を体験談とともにまとめてみました。

 

スポンサーリンク

えこひいきする上司の対策まとめ

偉い人に伝える

えこひいきする上司がおり、ルート営業の顧客の割り振りが理不尽になされたケースがありました。

客観的になぜえこひいきをされていると感じるかを分析し、その上司以上の立場の人に上手く伝えて、えこひいきの現状を知って頂き業務改善をして頂きました。

特に女性へのえこひいきが多い傾向がありますが、対処としては、その上の上司に話をするか、社内でのコンプライアンスヘルプデスクに連絡することをお勧めします。

私はこれらを利用して、そのえこひいきの上司が異動になったことがあり、

さらに組織の中でも他のメンバーが同じようなことをしていたことがわかり、非常に有効的な方法であることを理解しました。

私より10歳年下の新人が入ってきた時の話です。細くて可愛いホンワカした子でした。すぐに上司のお気に入りになりました。

お茶入れもコピー取りも雑用も全て私。同じ給料を貰っているのに私ばかりに仕事を回してくる上司。

ブチ切れた私は社長に直談判。上司の事を全て話して社長が上司に言った言葉が【皆に平等に】それを言われてからの上司は少しずつ変わってきました。

会社の上司が一人の新人を可愛がり、とてもえこひいきしていました。

その人が遅刻をしても仕事を失敗しても全く怒られなかったので、周りから不満の声が爆発しました。

会社の社長に相談し、その上司はリストラされる事になりました。権力のある人に相談するのがお勧めだと思いました。

 

平静を保つ

ひいきされる側ならそのままでも嫌われることはないと思うので、現状維持で良いと思います。

問題はひいきされない側でそれによりイライラしたり、落ち込んだりして平静を保てないこと。

感情をざわつかせても良い事はない。ひいきされなくても嫌われているわけでも無いならば、なるだけ気にしないように心がけ、平静でいるのが一番です。

人間なので好き嫌いが必ずあります。しかもずっと同じ空間にいることで相手の嫌な面を見続けてしまうことになり、悪化することもあります。

好かれなくても嫌われなければよいのです。嫉妬しないで、他の上司が見てくれるまでじっと我慢です。

私はそのうち配置換えなどあり上司から離れ、正当に評価されるようにななりました。

どこにでも、必ずえこひいきする上司は存在します。それなだけに、気にしないのが一番良いです。

この人はこうして日頃のストレスを発散させてるんだーくらいな感覚で、あまり深く考えずに接していきましょう。

そのうち気にならなくなります。

スポンサーリンク

仲間内での結束を固める

 

話が好きな上司は自分の話をきちんと聞いて相槌を打ってくれる人を気に入っています。

それは休憩時間、仕事中問わずです。正直こんな状態だと仕事になりません。話を聞かない私は当然やや風当たりは強くなりました。

上司は後から入ってきた人ですので、部下の方が結束は固いです。当然ながら上司のこの態度も問題になりました。

上司が変わる度に上司の機嫌を取る先輩もいますが、それらを除いて下は結束し一貫して仕事中は仕事をする事と決めました。そのお陰もあって上司が又辞めるまでの一年間、上司の話相手はその先輩だけです。

 

お土産を渡す

連休明けにお土産を上司に渡すようにしています。

上司といえども人間であるため、お土産を渡すことによって、人間的結びつきが強固になるものです。

結果として、自分にえこひいきが向いてくるような関係になりました。

 

仕事に集中する

上司と自分とが合わない存在なんだと諦め、自分は自分の仕事をするだけです。

結果上司からのあたりはきつくなりますが、別に仕事をくれるのは上司だけではありません。

上司に気に入られてやりたくものない残業を強いられることがないので楽です。

ひたすら作り笑いで対応し、気に入られる努力を最初はしてました。

意図して気に入られてはいましたが、たいして好きな上司ではなかったので、慣れてきて普通に対応するようになりました。

作り笑いをしようとも、普通に接しようとも、「丁寧で仕事が遅い」という評価は変わることはありませんでした。

ならば、もう無理しなくていいなと思い、最近はずっと普通に対応しています。

えこひいきする上司が仕事場にいたとしたら、とりあえず過剰に反応したり動揺したりしないことです。

ただ淡々と自分がするべき仕事をしたほうが良いでしょう。

私はそうすることで、最終的にはそのえこひいき上司から、頼られるようになりました。

あからさまにおべんちゃらを使う同僚が上司に気に入られて、それを見た同僚たちもおべんちゃらを使うという悪循環が起きました。

そう言う奴らに限って仕事をしない人たちばかりなので、私は敢えて放っておきました。

すると、結局取り巻き立ちはお世辞ばかりで、何も仕事をしていないことに気付いた上司は、彼らを遠ざけるようになりました。

今では、仕事をしている人が正当に評価されるようになっていると思います。元取り巻きたちは自分たちの立場を確保するのに必死ですが…。

えこひいきをする上司がいる場合には自分の頑張りが大事になってきます。

えこひいきをしてる上司を見返すために、まずはその上司がひいきにしてる子よりも仕事で結果をだします。

上司が文句を言えないくらいの結果をだしたら、その上司よりもエラい上司に報告しにいきます。

「一番仕事で結果をだしているのに、あの上司は正当な判断をしてくれないです」などと伝えます。

そうすると会社の上の人は会社に利益になる人物を大事にしてくれるので、えこひいきをしてる上司に注意をしてくれました。

スポンサーリンク

あえて懐に飛び込む

えこひいきをする上司はどの会社にもいます。その中で対策をするのではあれば、敢えてその上司の懐に飛び込むということです。

えこひいきする上司は、上手く取り込めばえこひいきしてくれる上司になります。

何かと面倒だと感じるでしょうが、社内評価を上げる為にはえこひいきを上手く利用することも重要です。

私は自分の仕事は誰にも文句を言われないくらいにやり、その後えこひいきをしている上司と個人的に何気なく話をする機会を増やしたらなくなりました。

話をしているうちにえこひいきをしてる原因は上司の自信のなさだということに気がつきました。

思い切って、その上司とたくさん交流を持ってみるとよいです。そして、たくさん持ち上げてみましょう。

すると、そういったタイプに限って悪い気もしないので、あなたを気にかけるようななり、こんどは特別な目でみてくるようになります。是非実践してみましょう。

 

ひいきされている同僚と仲良くなる

「ひいきされている同僚のことを絶対に否定しない。むしろ、その同僚と仲良く付き合う」ということが大切です。

上司の好みは一生変わらないので、ひいき自体は諦めた方が得。

そして、絶対にひいきされている同僚の敵になってはいけません。私は同僚と仲良くすることで、上司から嫌味を言われにくくなりましたよ。

 

クライアントからの信頼を受ける

上司ではなくクライアントから信頼を受け取るように頑張りました。

クライアントから信頼を勝ち取り、仕事をたくさんいただくことで、目に見えた実績が上司に伝わり、上司も私に対しての見る目が変わり態度も変わりました。

 

スポンサーリンク
 

異性の上司に相談する

女性の上司で、男性の部下ばかり甘やかしてえこひいきする人の下で働いていました。

とにかく露骨にわかるくらい、男性と女性で態度が違うので、わたしを含め女性の部下はみんな憤慨することが多かったです。

わたしの場合、男性の別の上司に相談することで、その男性上司がえこひいきする女性上司にチクリと言ってくれたので少し解決しました。

 

上司の弱みを握っておく

えこひいきする上司の弱みを握っておくです。プライベートの事、仕事の事、人間関係の事、何でも構いません。

人は必ず弱みがあるもの。諜報活動で弱みを握り、気に食わない態度を取られたらその弱みについて言及します。

えこひいき上司はビビってこちらに何も言えなくなりますよ

 

仕事を投げる

上司が贔屓している人に対して仕事を投げます。結果、贔屓を受けている人は激務に耐えられず苦情を言ってきますが

「だって上司の○○さんは俺達には任せられないって言うじゃん」の一言で逃げます。

最終的に、贔屓された人は仕事を押し付けられた元凶の上司を恨むようになり、上司は誰にも相手にされず孤立するようになり贔屓もできなくなります。

 

スポンサーリンク
 

噂を流す

えこひいきがある上司と部下が異性である場合、あいつらはデキてると噂を流してやります。

社内のこういったうわさはすぐに広まるもの。火のないところでも煙は立ちます。

結果、その上司は部下に手を出したとして好奇の目や軽蔑に晒されるようになり、気まずくなって表立ってえこひいきが出来なくなります。

 

距離を置く

私の上司は明らかに部下に対して好きな部下とそうでない部下で態度が違います。

私はあまり気に入られてないので、態度がすごく冷たいです。でもとにかく気にせず、必要以外はあまり話さないようにして距離を置くようにしています。

こちらから距離を置いたら向こうこらもあんまり話しかけられないので楽です。

えいこひいきをされる人は、きっと上司に気に入られる何かよいところがあるのだと思います。

そう考えて私は特に気にしないでいます。逆に「上司をおだてたりしないですむ」と考えて自分の仕事をしていると、他の上司から評価されるようになりました。

 

ストレートに言う

全く仕事ができないのに、とても美人で若い子をえこひいきする上司がいました。

仕事机も隣に席替えをし、何をするのも彼女優先の仕事のやり方にとても振り回されました。

あまりにも腹が立ったので、上司に「私の仕事より、彼女優先なのですか?このやり方では私の仕事の効率が悪くなりますけど」と注意をしました。

その結果、私の事もきちんと考えてくれるようになったので、ハッキリ指摘してよかったと思います。

 

スポンサーリンク
 

部署異動を希望する

えこひいきする上司に対しては一番手っ取り早いのは自分の部署移動を願い出ることですね

えこひいきする人は自分勝手な人が多いので、さらに上の上司や発言力のある人に訴えたところで、その場では改善してもそのうち元に戻ることが多く、無駄になりがちですから。

 

偉い人と仲良くする

直属の上司は常にえこひいきをし、自分はひいきにされていないと気付きました。

そのため、そのさらに上の上司に気に入って貰うべく、直接仕事のお伺いを立てたり、仕事の相談をするようにしました。

最終的には、直属の上司を通り越して、その上の上司から直接仕事の指示を貰えるようになり、直属の上司の顔はつぶれてしまいました。

別の上司に取り入るです。できれば、えこひいきする上司よりも地位の高い人に取り入ることが望ましい。

えこひいき上司が仕事に文句をつけてきても「でも○○部長はこう言ってました」と偉い人の名前を出すことで黙らせることができます。

 

反面教師にする

いつか自分が上司になった時、絶対こんな風にはならないぞ。と強く決意をする。

そして、その上司の行動などを日々観察して、周りから見たらこういう上司は嫌われるという事を身に染み込ませておく。

すると必ずいつか役立つ時がきます。

 

スポンサーリンク
 

社内ニートになったらえこひいきも気にしなくなった話

 

「終わらねぇぇぇ!!」

 

 

当時、工場で新人としてしばらく働いた後、部署を異動して都内勤務のデスクワーカーになった僕は、

客先から依頼された、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事に心底イライラしていました。

 

イライラの一番の原因は、仕事の難易度と、だれも教えてくれない、だれもサポートしてくれない理不尽な環境でしたが、

先輩のCさんには丁寧に仕事を教えるくせに、僕にはなーーーんにも教えてくれない、えこひいき上司がいたこともイライラの原因の1つでした。

 

僕がいたのは日本でもそれなりの大企業だったんですが、そういった会社って新陳代謝が遅いからか、

古い価値観を持った人たちが多いんですよね。

 

「俺が若いころなんてもっときつかったんだぞ」とか、

「大学出てるのにこんなこともわからんのか?」といった発言ばかりの職場だったんですよ。

 

ぶっちゃけ気持ち悪くないですか!?

 

「そんな古い価値観を持った人」というだけで正直話したくないし、話しかけられないわけですよ。

そんなスタンスで仕事してたんで、他の人がえこひいきされるのも無理ないんですけどね(笑)。

まあでも文句言えるわけでもなく、耐え忍ぶ日々を送っていました。

 

 

そんなある日のこと、、、

 

僕の部署には50代のKさんという、絵にかいたような窓際社員がいるんですね。

何の仕事しているのかもよくわからないし、いてもいなくても気にならないレベルの人でした。

 

ある日の夕方ごろ、ちょっと外で休憩しようと思って机を離れて、そのKさんのデスクの前を通り過ぎようとしたときに、

ちらっとKさんの手元を横目で見てしまったんですよ。

 

そしたらなんと、、、

スマホのパズルゲームをゴリゴリやっているではありませんか(笑)。

今まで気にも留めなかった人だったので、自分の中でちょっと衝撃的な出来事でした。

 

ただその時は、「サボってんじゃねーよ!」という怒りの感情よりも、

「つまらなさそうな人生だなー」と、憐みの目で見ていましたね。

 

それからというもの、僕はことあるたびにKさんが気になるようになりました。

それでよくよく思い返してみると、Kさんは仕事中にデスクを離れて散歩まで楽しんでいるではありませんか。

 

内心「俺が必死こいて仕事してるのにふざけんじゃねー!」

ただでさえ仕事でイライラしていたのに、さらにイライラが増していったのを覚えています。

 

でもある時ふと気づいたんですよ。

「これだけ仕事サボっていてもばれないし、何も言われることがないんだったら、存在感薄いのって最強じゃね?」と。

 

そう、存在感の薄い社内ニートになってしまえば、

全く話しかけられないどころか、興味も持たれないし、えこひいきも気にならないんじゃないか、ということに気づいてしまったんですよ。

 

 

それからというもの、僕の興味はもっぱら、

「いかにして存在感の薄い社内ニートになるか」ということに絞られ、いろいろな方法を考えてみました。

 

物音をたてない、雑談しない、挨拶もしない、帰るときはスーッとばれないように帰る、などなど

考えられることはすべて試してみました。

 

まあそれはそれで一定の効果があったんですが、

根本的なことを考えると、手持ちの仕事を少なくしない限り社内ニートにはなれないことにも気づかされたんですよね。

 

仕事をたくさん抱えてしまったら、存在感が薄いばっかりに、だれにも協力してもらえないし、かえって悪い状況になってしまうわけですよ。

 

なので僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。

強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですよね。

 

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、僕の前の席に座っていた同期のA君は、

細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス)

 

「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

 

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

 

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。

 

もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、

タタターンとテンポよく出来たことが印象に残っています。

 

 

今では自分の強みをうまく使って突発的な仕事でもさっさと終わらせて、

存在感もなく、仕事もほとんどない社内ニートになってしまいました(笑)。

 

もちろん仕事のプレッシャーもかからないので、えこひいき上司も全く気にならなくなりました。

 

いろいろな即効性のあるテクニックも大事ですが、

自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。

社内ニートを極める!自分の【強み】の診断方法とは?

2018年6月9日

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのテクニックやヒントを活用して、ストレスフリーな

優雅な社内ニート生活を満喫してみてくださいね。

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。

↓メインサイトに飛びます。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク