未分類

記憶ない!職場の飲み会でやらかした次の日の挨拶と謝り方まとめ

Aさん
Aさん
職場の飲み会でついつい記憶ないくらいやらかしてしまったんだけど、次の日の挨拶や謝り方が知りたいなー

こんな方に役立つ記事です。

本記事の内容

・記憶ない!職場の飲み会でやらかした次の日の挨拶と謝り方まとめ

・社内ニートになったら飲み会参加しなくても気にされなくなった話

ぶっちゃけ職場の飲み会っていきたくないですよねぇ、、、

そもそも楽しくないし、お酌しなきゃいけないし、気を使うし、地雷踏んだら説教されるし、お金もかかるし、何ならお金払ってもいいから行きたくないと思っています(笑)。

でも、調子がいい日はついつい盛り上がって、上司を前に記憶が飛ぶほどやらかしてしまうこともあるかもしれません。

やらかしてしまうと、その後の印象や仕事に影響を及ぼすことは免れませんから、

次の日はしっかり挨拶したり、謝らなければなりません。

ということで今回は、職場の飲み会で記憶ないほどやらかした次の日の挨拶や謝り方を体験談とともにまとめてみました。

記憶ない!職場の飲み会でやらかした次の日の挨拶と謝り方まとめ

同僚に何してたか教えてもらう

職場の飲み会で記憶が飛ぶほど飲んでしまって自分が何をしていたか分からなかった場合は、

次の日周りの人に聞いてみて何をしていたか教えてもらい

それについて本当に申し訳なかったと頭を下げて謝罪することで上司には、大目にみて酒の席だったこともあるので、許してもらえましたが、

次の飲み会からは、あまり飲まないようにセーブされるようになりました。

朝一番に謝る

非常に酔っ払い、上司に暴言を言ってしまったような記憶がおぼろげながらあったので、

翌朝、会社に着いたら即、大きな声で「昨日は酔ってしまったとは言え申し訳ありませんでした。

と大きな声で事務所の皆さんに謝罪しました。

そしたらドッと笑いが起き、次は気を付けろよ、と先輩方から言われお仕舞いでした。

 

職場の飲み会で記憶がとぶほど飲み過ぎたことが何回かあります。

毎回次の日仕事に行くのが嫌になるのですが、上司には朝一番で頭を下げて謝っています。

特別な謝り方はしておらず、ただただ申し訳ありませんでしたと伝えて許してもらっています

 

職場の飲み会で上司に失礼をしたかも、そう思うくらい飲み過ぎてしまうお酒好きの私。

飲み会の次の日の仕事は誰よりも早く出勤して、上司に謝るようにしています。

謝らなくていいと言われますが、何だか申し訳ない気持ちになります。

 

職場の飲み会で羽目を外したことある人も多いのではないでしょうか。

私も何度か羽目を外したことがあり、特に上司には次の日の朝一番で、申し訳ありませんでしたと謝るようにしています。特に気にしなくて良いと言われています。

 

飲み会が終わって、次の日に「かなり酔ってたけど、大丈夫?ちょっとふざけすぎてたよ」と同期からメッセージが来ました。

どうやら、酔った勢いで上司にダメ出しをしていたらしいのです。

全く覚えていないのですが、これはマズイと危機感を覚えました。

そして次の出社日、だれよりも早く職場に着き、玄関で上司を待ちました。

上司が来たら、猛ダッシュでかけより「この前は失礼しました!」と必死に謝りました。必死さが伝わったのか、笑って許してくれました。

 

朝一番に会社へ行き、全てのデスクや部屋を掃除し、上司や先輩達が出勤してくるのを待つ。

出勤されて方から一人一人頭を深く下げて謝罪をした。上司や先輩達は笑って許してくれました。

今後は記憶がなくならない程度、お酒を飲むことをこころがけている。

 

飲み会でやらかしてしまった次の日は、上司に何も言われないという事は絶対にないので、

上司の様子を見たり呼び出される前に朝一で上司の前に自ら行って

「昨日は上司と飲めて最高に楽しくて、つい舞い上がってしまい羽目を外しすぎました。本当に申し訳ないです。今度は羽目を外し過ぎないように飲みますので是非また連れてって下さい」とスゴイ大きい声で言います。

そうすると上司も呆気にとられますし、上司との飲み会が楽しすぎたと伝わり不思議とすぐに許されました。

 

飲み会で、全然飲めないのに調子にのってワインと日本酒をすすめられるまま飲んでいたら、トイレで吐きまくった上に倒れてしまいました。

気がつくとタクシーの中で、上司に自宅に送ってもらいました。

次の日、早く出社して、上司にお茶を入れながら、「本当に申し訳ございません」と謝りました。

上司は「調子にのってたね!」と笑って許してくれました。申し訳なかったので、後日にハンカチを買ってお詫びとしてお渡ししました。

スポンサーリンク


コーヒーとともに

会社の飲み会でお酒を飲み過ぎてしまい、上司や先輩にため口でずっと話していたことを、次の日同期から聞いてビックリしたことがありました。

付箋に昨日は申し訳ございませんでしたと書いて、缶コーヒーに貼って、先輩や上司のデスクに置きました。

みんな許してくれました。

 

つい飲み過ぎてしまった職場の飲み会の次の日は、上司にコーヒーを淹れて、なるべく早く謝るようにしています。

お酒好きの上司なので、特に怒られることもなく、いつも通りの仕事の時間を過ごさせてもらっています。

素直に謝る

職場の飲み会でつい飲み過ぎてしまい、いつのまにか自宅のベッドで寝ていたことがありました。

次の日、職場の上司に次からはきれいな飲み方をしますと謝り、上司からも特におとがめなく、いつも通りの仕事をすることができました。

 

食事の飲み会で泥酔をしてしまい、お店のお手洗いを占領してしまい、近くのビジネスホテルに担ぎこまれるという失敗をしました。

翌日は二日酔いでしたが、朝9時に出社し、職場の上司をはじめ同僚に誠意を持って謝りました。

素直に謝るととても良いと思います。間違っても、翌日に休むということはしてはならないですね。

 

その日は作業に追われていて、昼食も食べられず空腹な状態でした。

そんな状態でストレスが溜まっていたのもあり、つい目の前のワインを勧められるがままに飲み続けてしまいました。

空腹だったために吸収も早かったのか、途中から完全に記憶が無く、一人で歩けないくらいだったようです。

翌日、上司にはシンプルに「昨日は飲みすぎてしまい、迷惑をおかけしてすみません」と頭を深く下げて謝りました。

上司は快く許してくれた上、体調まで気遣ってくれ、安心しました。

 

私は勤めていた会社で、中途採用で社員が入ってきたので、歓迎会を兼ねて飲み会を主催しました。

そこで盛り上げようと思い、ビール、ワイン、焼酎などを代わる代わる飲み記憶がぶっ飛んでしまい、目が覚めると自宅のベッドでした。

次の日フラフラになりながら会社へ行き、まず上司のところに行き、ひたすら低姿勢で謝り続けました。

幸い私は楽しく飲んでたらしいので、怒られずにむしろ笑いのネタにされました。内心ホッとしました。

 

お酒の失敗でよく聞くのは、職場の飲み会で羽目を外した話だったりします。

私も何度か経験があり、その度に次の日の仕事で、上司に平謝りしています。

そんなキャラで通っているからか、あまり怒られることはありません。

 

楽しい職場の飲み会で、羽目を外し過ぎた経験を持っている方も多いのではないでしょうか。

私も羽目を外したばかりに、次の日の職場で上司に謝ったり、恥ずかしい気持ちになったことがあります。

優しい上司は許してくれます。

 

まだ新人だったころ、緊張しすぎていたせいか職場の飲み会で泥酔。

上司にため口を聞いてしまったらしい。翌日記憶がなく、先輩たちから武勇伝のように伝えられ本当にビックリしました。

上司にはただ平謝りするしかなく、上司は苦笑いで許してくれました。

 

職場の新人歓迎会で飲み過ぎて、先輩に絡んでしまった。

次のステップにその先輩にとにかくすみませんと平謝りした。その結果、その先輩からは許してもらえた。

しかし、その先輩との関係はずっとギクシャクしたままである。

 

職場の飲み会が上司の接待のような雰囲気でとても苦痛でした。

あまりテンションの低いのも失礼かと思い、アルコールで上げようと考えたところ逆に呑まれてしまい記憶が薄れ自制心を失いました。

次の日に上司のところへ行き「昨日は失礼があってすみません」と謝ったところ「そんなこともあるよ」とあっさりと見逃してくれました。

 

普段はそれほど飲まないので記憶が飛ぶということはありませんが、一度だけ飲み会の時にいつもより体調が悪かったのか記憶がなくなってしまったことがあります。

あとから参加していた同僚に話を聞くと、上司に介抱してもらい自宅まで送ってもらっていたとの事。

話を聞いて真っ青になりました。もうこうなると素直に謝るしかありません。

「大変なご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と謝りに行きました。

本心はどう思っていたかわかりませんが、許してもらえました。というか「別に気にしていないよ」と言ってもらえました。

 

普段そこまで記憶が飛ぶまでは飲まないんですけど、その日は妙に気分良くて上司にすごく馴れ馴れしくしていたようです。

次の日の挨拶は下手にいつもと違うとどうかと思い普通にしましたけど、謝りはキチンとしました。

その反応は「普段からああいうことされると考えるけど普段そんなことしない奴ってのは分かってるから何とも思ってないよ」という言葉でした。

 

1回だけ記憶がなくなるほど飲んでしまったことがあります。部長クラスのベテランと日本酒飲み比べをして潰れたらしいです。

そこまで粗相をしてはいないのですが、後半殆どトイレがお友達というような状態でした。

タクシーにも近くの家の人達と一緒にのってもらい、ほぼ担がれて家まで戻って玄関でそのまま倒れていたらしいです。

週明けにあった時に皆にあそこまで酔っぱらって申し訳ないとさんざん謝り倒しましたが、めったに潰れない人が潰れて面白かったと一様に笑って許してもらいました

 

慣れないビールを、上司がいるからといって普段より多めに飲んでしまい、途中の記憶もなく、上司がいつ帰ったのかも分からなかった。

次の日、飲み会にいた人全員にすいません!記憶を無くしてしまいました。

ご迷惑をおかけしました。と挨拶をしました。上司は笑って許してくれましたし、何も怒ってはいませんでした。

 

職場の新年会でずいぶんビールや日本酒を飲んだ時でしたが、だいぶ酔っていたようで自分の上司を捕まえて何やら説教していたようです。

ただ次の日ひどい二日酔いで、午前中有休をとり近所の診療所で点滴受けてました。

そのせいもあって午後にその上司に会った時は、かなり微妙な顔で「大丈夫か」と声をかけられましたが、相当に怒っていたことは雰囲気からわかり、数分間ひたすら謝り続けました。

 

記憶がないほど飲みすぎて、色々な人に介抱してもらったことがあります。

次の日の朝に同僚に聞いて、初めて飲みすぎていたことに気づきました。

出勤後、記憶がないもののとにかく迷惑をかけたことを丁寧に謝りました。上司は、「若い頃はそういうこともあるよ。」と言って、笑っていました。

 

飲み過ぎてしまったのは、自分の過ちなので「昨晩は飲み過ぎて、失礼しました」と反省の念を伝えましょう。

記憶が飛んでしまうと、何を言ったかわからないので、とりあえず謝罪しましょう。 経験上、謝れば 許してくれます。

スポンサーリンク


何度か謝る

盛り上がって飲み過ぎてしまい、上司を朝まで連れまわしました。

上司は、受験生の子供がいるのに申し訳なかったです。次の日は、休みだったのでお昼過ぎに電話しました。

一旦電話で謝り、月曜日にもう一度謝りました。奥様は、朝帰りに怒っていたようでしたが、本人は何十年ぶりに朝まで飲めたと気にしていなくてよかったです。

土下座

飲み会の前の日に寝不足と疲れが重なりいつもと同じぐらい飲んだのに、かなりグロッキーになり女子トイレで吐いて、吐いて便器にもたれかかり出て来なくなったみたいです、

で店の人がトイレの扉を乗り越えて鍵を開け、会社の仲間がタクシーで自宅まで連れて行ったらしいです。

次の日はみんな呆れ顔、そして上司からも色々言われ、もう土下座で平謝りしました。

会社で有名人にしばらくなってしまいました。

大げさに謝る

嫌な事があってその日の当日に自分を忘れるぐらい飲みまくりめちゃくちゃ迷惑かけました。

翌日正直会社へ行きたくなかったですが勇気を出して会社に行き、一緒にその飲み会にいったメンバー全員に大げさなくらい謝りました。

嫌みを言われましたが数日ぐらいでみんなその事について言わなくなりました。

万が一飲み会でやらかした時は必ず迷惑をかけた人に一人づつ丁寧に謝るのが一番です。

タバコとともに

職場の飲み会で、上司に付き合って飲んでいたら途中から記憶がなくなりました。そして気がついたら家にいました。

すぐに上司にメールし、失礼がなかったかなどを確認し謝罪しました。

また、次の日は上司の吸っているタバコを謝罪とともに渡したところ、笑いながら「こっちも付き合わせてごめんね」と言われました。

上司をほめる

飲酒経験ほぼ初の時が飲み会でした。母親に迎えにきてもらって後は記憶がありません。

覚えていないので、とりあえず上司が選んだ店と、出された酒を褒めまくって、さすがは年長者、良い店を知っていると持ち上げました。

すると「また行こう、でも飲みすぎは気をつけろ」と言われておこられませんでした。

 

「昨日は本当に申し訳ありませんでした。楽し過ぎて羽目を外してしまいました。」と

先手を打って上司に頭を下げます。

楽し過ぎたということを強調することがポイント。楽しかったと言われて嬉しくない人はいませんから、対して怒られずに済みます。

 

新入社員の歓迎会の時に緊張を紛らわそうと思い苦手なお酒を飲みすぎてしまって、どうやって家に帰ったのか分からないほどだった事があります。

上司には「飲み会が楽しすぎてつい飲みすぎてしまいました。みっともない姿を見せてしまいすみませんでした」と謝罪したら笑って許してもらえたので、優しい上司で本当に良かったとホッとしました。

大げさに装う

送別会で飲みすぎ、いつの間にか店を出てプチ失踪事件を起こしました。

他の社員に捜索活動され、ビルの谷間で寝ているところを発見されました。

酔った事実は取り消せないので、首に目立つようにコルセットをしていき、いつの間にか痛めて首が動かないことにしました。バカも度がすぎると笑いに変化します。

一種の武勇伝のようになり、怒られませんでした。

スポンサーリンク


社内ニートになったら飲み会参加しなくても気にされなくなった話

 

「行きたくねぇぇぇ!!」

 

 

当時、工場で新人としてしばらく働いた後、部署を異動して都内勤務のデスクワーカーになった僕は、

客先から依頼された、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事と、

今夜控えている職場の飲み会に心底イライラしていました。

 

イライラの一番の原因は、仕事の難易度と、だれも教えてくれない、だれもサポートしてくれない理不尽な環境でしたが、

仕事内容は教えてくれないくせに、余計なちょっかいばかりかけてくる上司ばかりの飲み会に

参加しなければならないこともイライラの原因の1つでした。

 

僕がいたのは日本でもそれなりの大企業だったんですが、そういった会社って新陳代謝が遅いからか、

古い価値観を持った人たちが多いんですよね。

 

「俺が若いころなんてもっときつかったんだぞ」とか、

「大学出てるのにこんなこともわからんのか?」といった発言ばかりの職場だったんですよ。

 

ぶっちゃけ気持ち悪くないですか!?

 

「そんな古い価値観を持った人」というだけで正直話したくないし、話しかけられないわけですよ。

そんな人たちばかりがいる飲み会なんか、お金払っても行きたくないわけです。

悪酔いでもしてしまったら、真剣に謝らなきゃいけないですしね。

 

まあでも断れるわけもなく、耐え忍ぶ日々を送っていました。

 

 

そんなある日のこと、、、

 

僕の部署には50代のKさんという、絵にかいたような窓際社員がいるんですね。

何の仕事しているのかもよくわからないし、いてもいなくても気にならないレベルの人でした。

 

ある日の夕方ごろ、ちょっと外で休憩しようと思って机を離れて、そのKさんのデスクの前を通り過ぎようとしたときに、

ちらっとKさんの手元を横目で見てしまったんですよ。

 

そしたらなんと、、、

スマホのパズルゲームをゴリゴリやっているではありませんか(笑)。

今まで気にも留めなかった人だったので、自分の中でちょっと衝撃的な出来事でした。

 

ただその時は、「サボってんじゃねーよ!」という怒りの感情よりも、

「つまらなさそうな人生だなー」と、憐みの目で見ていましたね。

 

それからというもの、僕はことあるたびにKさんが気になるようになりました。

それでよくよく思い返してみると、Kさんは職場の飲み会に全くと言っていいほど参加していないことに気づいたんです。

 

内心「俺が必死こいて時間ない中飲み会に参加してるのにふざけんじゃねー!」

ただでさえ仕事でイライラしていたのに、さらにイライラが増していったのを覚えています。

 

でもある時ふと気づいたんですよ。

「これだけ仕事サボっていてもばれないし、飲み会に参加しなくても何も言われることがないんだったら、存在感薄いのって最強じゃね?」と。

 

そう、存在感の薄い社内ニートになってしまえば、

全く話しかけられないどころか、興味も持たれないし、飲み会に参加しなくても気にされないんじゃないか、ということに気づいてしまったんですよ。

 

 

それからというもの、僕の興味はもっぱら、

「いかにして存在感の薄い社内ニートになるか」ということに絞られ、いろいろな方法を考えてみました。

 

物音をたてない、雑談しない、挨拶もしない、帰るときはスーッとばれないように帰る、などなど

考えられることはすべて試してみました。

 

まあそれはそれで一定の効果があったんですが、

根本的なことを考えると、手持ちの仕事を少なくしない限り社内ニートにはなれないことにも気づかされたんですよね。

 

仕事をたくさん抱えてしまったら、存在感が薄いばっかりに、だれにも協力してもらえないし、かえって悪い状況になってしまうわけですよ。

 

なので僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。

強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですよね。

 

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、僕の前の席に座っていた同期のA君は、

細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス)

 

「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

 

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

 

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。

 

もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、

タタターンとテンポよく出来たことが印象に残っています。

 

 

今では自分の強みをうまく使って突発的な仕事でもさっさと終わらせて、

存在感もなく、仕事もほとんどない社内ニートになってしまいました(笑)。

 

もちろん上司たちに話しかけられることもないので、

飲み会に参加しなくても何にも言われず、充実した社内ニート生活を送っています。

 

いろいろな即効性のあるテクニックも大事ですが、

自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのテクニックやヒントを活用して、ストレスフリーな

優雅な社内ニート生活を満喫してみてくださいね。