【保存版】私用はアリ?仕事を早退する理由・言い訳・方法10選

社内ニート
スポンサーリンク

 

Aさん
仕事を早退したいんだけど、何かいい理由や言い訳はないかなー。

こんな人に役立つ記事です。

 

記事の内容

・私用で仕事早退はアリかどうかの意見

・仕事を早退するための理由や言い訳10選

・いつでも早退可能。社内ニートになるためのポイント

 

どうも、社内ニート養成所のmiynaoです。

 

社会人として働いていると早退したくなることってありますよね。

 

家族や親関係の急な用事だったり、楽しみにしていたコンサートなどの私用だったり、

単純に仕事が面倒くさくて帰りたかったり、理由は様々あると思います。

僕の場合は、

「会社にいても暇だし、ブログ書くにしてもカフェに行ったほうが効率いいし、今日は早退しよっかなー。」

といったノリで割と頻繁に早退しています(笑)。

 

とはいえ、なかなか早退したくても言い出せなかったり、口実を思いつかない人も多いはず。

ましてや私用で早退なんて許されるんだろうか、怒られるんじゃないか、、と不安になる人もいるかもしれません。

 

ということで今回は、とにかく仕事を早退したい人のために、私用で仕事早退はアリかどうか?に対する皆の意見と、

仕事を早退するための言い訳や理由についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

私用で仕事早退はアリだと思うか?皆の意見は?

 

今回30人にアンケートをとったのですが、なんと30人中29人が私用で仕事を早退するのはアリ!という意見に。

 

出産、子育て関係や風邪、介護、市役所での手続きなどのどうしようもないものから、

友達の結婚式や彼氏彼女と遊んだり、コンサートに行ったり、

私用の内容によって意見は分かれてくるとは思いますが、大半の人は私用でもアリ派みたいですね。

それぞれの意見を見てみましょう。

 

アリ派の意見

■有給は与えられた権利だから

・労働者に与えられている権利だと思うので、有休は活用すべきです。理由によって休めないというルールはありませんので。

・有給というシステムがある以上、きちんとした手続きを踏むのであれば早退することになんら問題ないと思います。

・銀行・役所手続き関係、体調不良、家族の事情、なんでも常識で考えて「あり」でしょう。何の問題もないと思います。また、会社の特別な理由がない限りそれは権利でもあり、有給・半休取得の拒否はできません。

・早退をするのは労働者の権利だし、それを認めるのは使用者だったり所属長の義務だと思うので、いかなる理由でも早退は認められるべき。

・早退をはじめ、遅刻や有給休暇はたとえ私用であったとしても労働者の正当な権利だと思います。正当な理由がないと駄目ということはないと思います。

 

■周囲に迷惑が掛からないならアリ

・仕事がきちんと片付いていて周囲に迷惑がかからないのなら、たとえ私用であっても早退するのはアリだと思います。

・今、ウチの会社もそうですが成果主義が主流になっています。つまり短時間で仕事をしても一定の成果を達成すれば良いわけです。ワークライフバランスも叫ばれている中、仕事が終わったら帰っても問題無いと思います。

・早退した分だけ、他の日に時間調整をして決められた時間を働けば良いと思うから。もしくは、与えられた課題を期限までに提出できるなら、早退しようが昼寝しようが構わないと思います。

・すべてがありだとは思いませんが前もって伝えてあれば問題はないかと思います。当日にいきなり私用で言うのは良くないとは思います。

・仕事の状況によっては不可の場合もあると思いますが、仕事や周りの人に迷惑をかけないのであれば、プライベートを優先させてもいいと思います。人生、仕事第一で過ごさないといけないとは決まっていないと思います。

 

■たまにならアリ

・私事的すぎる理由であると良くないかもしれないが、急にやりたいことややらなければならないことがあると思うので、毎日私用で仕事を早退していなければたまに大丈夫であると思う。

・頻繁に行うのはナシだと思いますが、家族に関連すること、自分のメンテナンス(通院)などであればアリだと思います。

・一年に数回など頻繁でなく、なおかつ会議などもない周囲の迷惑にならないタイミングなら社会人でも譲れないときもあるし、早退なら許されてもよいと思います。他人を巻き込まないというのがポイントだと思います。

 

■自分の人生優先だから

・仕事はお金を稼ぐための手段に過ぎないため、人生のすべてを投じる必要はなく、自分の人生を充実させるために生きるべきです。

・ライフワークバランスが謳われている昨今、就業規則で時間が決められているとは言え、時にプライベートを優先することは決して不合理ではないと思うから

・会社の為に自分の生活に我慢を続けていると、気づかないうちにストレスがたまり、「会社に行きたくない」「自己犠牲の意識」等の意識が貯まり、仕事自体が楽しくなくなるため。

・たまには平日の午後にゆっくりプライベートを楽しむ為に、早退はアリだと思います。忙しい仕事は得に、身体も心も休める事は大事だと思います。

・仕事は単なる生活の一部に過ぎません。仕事はおまけみたいなもの。万が一にも私生活を犠牲にして仕事を頑張っても心は満たされない。

・社会人として働いていても、遊びに行ったり用事などがあったりして早退をしたい時もあると思うので良いと思います。

 

■仕方ない私用もあるから

・やっぱり、ひとりだと色々用事があっても自分でやらなければいけないので、早退するのはありだと思います。

・用事があるのなら仕方がないと思うからです。ただのさぼりというわけでもありませんし、そんなことも受け入れてくれない会社はブラック企業だと思います。

・人間なので、どうにもならない用事が突然できるのは仕方ないと思います。そのために有給休暇があると思うので。

・職場に迷惑がかかったとしても、急な体調不良や家族の急な病気などが起こるのはお互い様だと思うので、アリだと思います。

・家族の事などでどうしても行かなければならないときは絶対にあるから。また会社は仕事の事にしか心配してくれないから。

・身内に健康状態の良くない人がいて、自分以外に対処(看病や家事をする)人がいない場合は早退して良いと思う。社員あっての会社であるし、社員は家庭あっての自分だと思いますから。

・身内や親友に不幸が起きた場合などは、通夜に参加するため早退するのは許されると思います。従業員の生活を支えている身内、友人などのアクシデントに対応できるようなサポートを会社はすべきだと思いますので。

・急を要するような緊急事態にならないと早退してはいけない、というルールには反対です。緊急事態になってから行動したのでは、絶対に色々とすでに手遅れになっている事が多いと思うからです。

 

■急に休むよりはアリ

・早退というのにネガティブなイメージを持つ人もいるとは思いますが、よっぽど急に休む人よりも早退という形でしていた方が私はいいなと思います。

 

■健康第一なので

・会社に貢献できるのは、従業員個人個人の心身共に健康であることが必要であるから、その健康を守るために医者に行くのなら早退して良いと思う。

 

ナシ派の意見

・誰もが早退をしたいと思っているはずであり、個人の勝手な都合で早退するのは社会人として失格だと思うので。

 

ということで、私用で早退はアリ!という意見でまとまったところで、本題の、仕事を早退する理由や言い訳を見ていきましょう!

スポンサーリンク

仕事を早退する理由、言い訳、方法10選

家庭の用事・子供の都合

私用でも理由が言えそうならばそのまま伝えますが、全く違う時は、

お腹の調子が悪くなって具合が悪いや家族のことで帰らないといけないことになったなどの不幸とは言わずに、

あくまでも家族の用事ということで濁しつつ帰りやすい空気感を作ります。家族を病気とかにはしたくないのでそこは言いません。

基本的には家族や子どもの都合を理由にすることが多いです。

嘘をつくわけではないですが、例えば子どもの急な発病により、普段のお迎え時間よりも早く迎えに行かなくてはならなくなったとか。

保育園の保護者会に出席しなくてはならないとか。

これを自然に伝えるには普段から勤め先に家族構成や家族の状況をよく知ってもらうのがベストだと思います。

仕事でどうしても嫌になり、その場から離れたいと思った時に、何回か自分の子供が具合が悪いと連絡が入ったとかを

理由にして早退したことが何回かありました。

あとはやむを得ない理由としては仕事中に体調が悪くなった場合などです。

言い訳としては「妻が(高熱で)寝込んでしまっているので、今日は早めに帰って家事や看病などをしたいので早退させてください。」というような表現です。

これは、今日、突然早退しなければいけないときは有効です。

常日頃、自分の妻はあまり健康的ではない、身体が弱い、腰痛持ち、いつも寝込みがちなどの情報を周囲に知らせておくと、突然のこの言い訳も通りやすくなります。

ただし、頻繁に使える言い訳ではありませんし、実は妻は健康体である場合はばれないようにしておくことが必要です。

 

市役所に行く

その日に発売されるゲームを早く遊びたいからという完全に私用での早退でしたが、

あえて正直に理由を説明することもないと思ったので「役所に行かなくてはいけないから」と嘘の理由を伝えてその日の午後に早退しました。

区役所で手続きをしなければいけないことがある、と言って早退しました。

他にも銀行に行かなければならない、といった理由も早退に使えます。

ただ、手続き内容によっては時間外や土日でも対応可能なので、事前にチェックしておいた方が良さそうです。

 

記念日なので

妻の誕生日の時に

「どうしても買いたい誕生日ケーキがあるので早く上がりたいのですが大丈夫ですか?」と言う理由をつけて上ったことがあります。

早退をしなくても時間的には間に合ったのですが、せっかく記念日ですので早く上がりたいと思い、そのような理由をつけました。

嫁と結婚記念日でどうしてもディナーに行きたいので一ヶ月前から上司に事情を報告し当日は早く帰りました。

就業規則の時間はこえていましたが、いつもより二時間以上早く帰らないといけなかったので前倒しで伝えるのは大事だなと感じました。

スポンサーリンク

情報交換会

普通に友人と飲みに行くためだったのですが、「今日、ちょっと他社の人と情報交換会をしますのでお先に失礼します。」と言って

定時より一時間くらい早く仕事を上がらせてもらいました。

金曜日とかにこの言い訳を使うと、月曜日には職場の人たちも私が早退したことは忘れているので、

「この前、何かいい話はあったの?」とか突っ込まれずに済みます。

 

正直に堂々と理由を言う

ウソをつけないタイプなので、本当に用事があるときは、病院に行くなどの理由を正直に言って帰ります。

その際は、同僚に多少自分の仕事をやってもらうことになってしまうので、帰るときには謝り、翌日もお礼を言います。

私は話し方がヘタな上に気が弱いので、上司にしゃべるとき、バツが悪そうに言ってしまうクセがあります。

悪いことをしているわけではないので、最近はなるべく堂々と言うように心がけています。

もし文句を言う人がいるなら、それも仕方ないです。

どうしても見たいTVがあったので、「朝から頭痛がするので…」ということで早退を許可してもらった。

ただ、基本的に遅刻には厳しいが、早退には緩い会社なので、「好きなアーティストのライブチケットが手に入ったので」「~のイベントがあるので」等、

寧ろ真の早退理由をちゃんと伝えたほうが、気持ちよく早退できた。

 

事前にしっかり伝えておく

早退をしたいときは絶対に事前に伝えます。当日に伝えるというのは社会人としても最悪ですね。

しっかりと本当の予定を話した上でこの日早退させてほしいという旨を伝えます。

本当のことを言った方が自分としても気持ち的にも楽ですし、面倒なこともならないのでしっかりと伝えるのがいいと思います。

事前に同じ課の人に早退することを伝えておいて、そのつもりで仕事の進捗をお願いしていた。

伝える場所は、週1にある朝のミーティングやホワイトボード、社内のスケジュール表と、あらゆるところに書き込んでおいた。

ただし、仕事が終わりそうにない場合は前日に終わらせるように遅くまで残業等行う調整をしていた。

私用のため早退した日は事前に上長にお願いをしていました。特に理由を聞かれることもなくOKされます。

それが会社として当たり前だと思います。

当日いきなり早退を願い出たことは体調不良以外ではありませんが、いきなり早退しなければならない状況というのはよっぽどのことだと思うので、素直に事情を話すと思います。

 

体調不良・通院

体温計を見せて体調不良であることをアピールし、早退したことがあります。

別途38度まで温めておいた体温計を上司に見せ、体調が悪い雰囲気を醸し出して体調不良の言い訳をし、早退の許可を得るようにしていました。

言い訳は「通院するので早退させてください。」ということなのですが、

日頃から、飲み会の席や雑談などで、健康などの話が出たときに、それとなく自分の健康状態を同僚や上司に話しておき、自分は時々医者にかかった方がいいのだということをアピールしておく。

突然「今日の午後通院するので早退させてください。」というのはダメ、信用されなくなってしまうので(次回同じ理由で早退しにくくなるので)、やはり予め話して許可をもらっておくことが必要でしょう。

「お腹が痛くなって下痢になってしまったので早退させてください」、

女性の場合は「生理痛で、薬を飲んでも効かないので早退させてください。」も使えます。

また、「家族の具合が急に悪くなってしまい、病院への付き添いが必要なので」も立派な理由になると思います。

おばあちゃんと二人で一緒に住んていたので、よくおばあちゃんを使いました。

月に1回か2週間に1回位のペースで、午後から、おばあちゃんを病院へ連れて行くという理由を使いました。月1や月2で、大体定期的だったので、全然普通に通りました。

自分の体調不良を理由にするのが、1番簡単だと思います。

微熱や歯痛、耳鳴りなどは見た目にはわかりづらいと思うので。私が実践したのは、昨日の夜から歯が痛くて、ほとんど眠れませんでした。

食事も不自由ですし、今日も寝不足だと困るので歯医者に行きたいので早退させて下さいとお願いしました。

常識的な事情で早退したこともありますが、このような理由であれば通常は事前に報告できます。

基本的に当日急に早退したくなることはありませんが、体調不良の時でも、辛いですけどとりあえず通常出勤してから早退するという事は何度かありました。

頑張っている様子が窺えるので印象がいいからですね。

スポンサーリンク

友人との予定

滅多に会うことのない友人が近くまで尋ねてきた時に、急を要すると言って早退した事があります。

緊急事態ではないですが、その友人がまた近くまで来るという保証がなかった為、仕事が終わっていなかったにも関わらず、早退しました。

次の日は、少し早めに出勤して、その時の穴埋めはしたつもりです。

 

ペットの都合

長年連れ添ったネコの具合が朝から調子が悪い。会社を早退して動物病院に行きました。

会社には正直にありのままを報告。意外にも、女性社員からは共感、男性社員からは「寂しい奴だな」と同情され、一定の理解を得られました。

家族から飼い猫の体調が悪いという連絡が入り、一刻も早く病院に連れていきたかったので早退しました。

その際には「子どもの体調が悪いと小学校から連絡があったので早退させてください。」と言いました。子どもなど家族を理由にすると、嫌な顔はされずに早退できると思います。

 

身内の不幸・緊急時

「身内の不幸が起きたので、通夜に参加するために早退させてください」という言い訳が通りやすいと思います。

誰が亡くなったのか?と聞かれるでしょうから、実は、本当の理由はそうではない場合は、忌引き休暇を与えると定めている会社の規約に当てはまらない親しくしている身内や親戚、

例えば、義理の兄弟の配偶者の親戚などと答えるのが良いかと思います。

仕事をいきなり早退したことは数回あります。

実際祖父が危篤状態になった時は、もう数時間もたないだろうということでしたので、そのまま正直に上司につたえ、早退しました。

勤務中に熱が出てきた時は、医務室で熱を計ってもらい、そのままの状態を上司に伝え、早退しました。嘘をついて早退した時は、やはり自身の体調不良を理由にしたり、子供の体調不良によるお迎えを理由にしたりしました。

私の場合は好きなアーティストのライブに行くために早退をしました。

とんでもない嘘ですが「祖母が倒れて命に別状はないけれど、○日に父が病院に面会に行くので一緒に行きたい」と言いました。人員が少なく、そうでも言わないと早退をしにくい職場でしたので。

私の場合は父親も母親も亡くなっていて、墓を立てるお金がなくて、

兄弟3人でお寺に納骨することになり、場所は比較的近くのお寺に頼んで、その用事で会社を早退させてもらいました。もちろん時間の方はギリギリでした。

私が早退したのは母が仕事中に怪我をして骨折してしまい、車で自力で帰ることが出来なかったからです。

その時は正直に「母が骨折してしまい迎えに行かないといけないので早退させてください」と上司に伝えて帰らせてもらいました。

私用で早退したことはありませんが、祖母が危篤になってしまい、やむを得ず早退したことはあります。

緊急時だったので、上司には「祖母が命に関わる状態なので早く帰ります」とだけ告げて急いで帰りました。上司も私の顔色と焦りを察して認めてくれて事なきを得ました。

スポンサーリンク

いつでも早退可能。社内ニートになるためのポイント

 

 

「終わらねえええええ!!」

 

 

当時、工場で新人としてしばらく働いた後、部署を異動してデスクワーカーになった僕は、

客先から依頼された、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事に手間取っていました。

 

昨日までは30分置きにタバコ吸いに行ったり、コンビニにお菓子買いに行っても、もて余すくらい暇で、

定時前にこっそり帰って、映画を見ながら晩酌を楽しむ精神的な余裕があったんですよ。

 

だからどうせ今日も暇だし、ちょっと早く仕事を切り上げて、

友人とちょっとオシャレなオイスターバーに行って優雅なアフターファイブ

満喫する予定だったんですよ!!

朝から白ワインのグラスを片手に新鮮な生ガキを食べる妄想で頭がいっぱいだったんですよ(笑)

 

それがどうでしょう、朝会社に着いてメールを開くと客先からの大量の仕事の依頼が。

しかも納期も短いときたもんです。

 

「俺の優雅なアフターファイブがあああああ!!」

 

前々から分かっていて覚悟ができていればまだ良かったんですが、

昨日まで社内ニートを楽しんでいたところに、いきなり右ストレートをかまされた気分でした(笑)。

 

情けないことに、結局その日は仕事が全く終わらず疲れてしまって、友人との予定をキャンセルする羽目になってしまいました泣。

(友人には申し訳ないことをしてしまったので、後日ちゃんとお詫びはしておきましたよ笑)

 

私用とは言え、がっつり早退する予定を立てていたところだったのに、

こうやって突発的にペースを乱されてはたまったもんじゃありません。

 

僕は本能的に、「こんなことが続いたらヤバい、どげんかせんといかん!」と強く思いました(笑)。

 

 

そこで、色々と突発的な仕事を避けるような方法を考えていたんですが、

正直、どれだけ避けていようとも、避けられない仕事は降ってくるので、そういったときに

自分の仕事をとにかく早く効率的に終わらせられないかと考えたんですね。

 

そうすれば、突発的に仕事が降ってきても、定時までにパパっと片付けて、

「今日も暇だぜ~。早退して映画でも見に行くかな~。」といった感じで

余裕をもって生きていけるんじゃないかと思ったんですよ。

 

 

そこで僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。

強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですよね。

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、僕の前の席に座っていた同期のA君は、

細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス)

 

「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

 

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。

 

もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、

タタターンとテンポよく出来たことが印象に残っています。

 

今では自分の強みをうまく使って突発的な仕事でもさっさと終わらせて、

いつ早退しても問題ないくらいの社内ニートになってしまいました(笑)。

 

いろいろな即効性のあるテクニックも大事ですが、

自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。

社内ニートを極める!自分の【強み】の診断方法とは?

2018年6月9日

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのテクニックやヒントを活用して、効率よく仕事を終わらせて、

優雅な社内ニート生活を満喫していただければ幸いです。

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。

↓メインサイトに飛びます。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク