仕事が終わらないけど休むのはアリ!?皆の意見と10の体験談まとめ

社内ニート
スポンサーリンク

 

Aさん
納期までに仕事が終わってないんだけど休日出勤してまでやりたくないなあ、休むのはアリなんだろうか?

こんな方に役立つ記事です。

 

記事の内容

・納期までに仕事が終わっていないのに土日休むのはアリかどうか

・納期までに仕事が終わってなかったけど休んだ/休めなかった体験談

・社内ニート的にはどうするべきか

 

どうも、社内ニート養成所(仮)所長のmiyanoです。

仕事って期限や締め切りが付き物ですよね。でも、時には膨大な量の仕事を無理な納期までに終わらせなきゃならないこともあります。

そういう時って、妙にイライラしたり焦ったり、仕事の効率が落ちて悪循環に陥ってしまうことも。。。

 

正直「仕事終わってないけど、疲れたから土日くらいは帰って家で休ませてほしい!」

って思いますよね。でも責任もあるし、納期までに終らせないと怒られるし。

miyano
どうすればええんやー!!!

 

ということで今回は、納期までに仕事が終わっていない状況で土日休むのはアリか、意見や体験談をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

納期までに仕事が終わってないのに休むのはアリか?

30人にアンケートを取りましたが、7割の人が「ナシ」という結果に。

それぞれの意見も見てみましょう。

 

アリ派の意見

・その会社が休日出勤を許さないのであれば、納期までに終わっていなくても休むしかないと思う。納期が重要であれば周りの人が手伝えばいいと思います。

 

・仕事が終わっていないなら、多少残業しても金曜日に終わらせるべきだと思いますが、どうしても終わらないなら月曜日でもいいと思います。

・会社で決められた休みを休息に使うのは社会人の権利だと思います。迷惑をかける相手がいる場合は別ですが…。

基本的には休んだ方がいいけど、その仕事が重要だったら休日出勤もやむなし、という意見が多かったですね。

 

無し派の意見

・顧客が待っているのに、土曜日、日曜日、両方とも休むのはありえません。2日も連続で休むのは、顧客に対して失礼です。少なくとも顧客の了承は得るべきだと思います。

・納期が遅れると迷惑をかける人が出てくるので、ナシです。仕事が終わってないのにしっかり休むと、周囲から責任感がない人だと思われてしまいます。

・相手に迷惑をかけているので、今後のためにも休日出勤してできるだけ早期に納品すべきだと思う。誠意を持って対応することが大切。

・休みを取るのも権利だと思いますが、まずは自分のすべき仕事と責任を果たすのが社会人としてのけじめだと思うからです。

・仕事の内容や納期の期日に寄りますが、会社にいずらくなってしまうのでできる限り会社に来た方が良いです。

・大手の取引先にしろ、中小企業の取引先にしろ納期を破ってしまうとこの先会社との取引がなくなってしまうので

こんな感じになってますね。

やはり、社会人としての責任、顧客に迷惑がかかる、会社の信用を落としてしまうというもっともな意見が多かったですね。

 

スポンサーリンク

納期までに仕事が終わってなかったけど休んだ/休めなかった10の体験談

休日出勤も案外、、、

大量に書類を発送する業務の担当になった時のこと。

年末年始に届くと相手の迷惑になるため、少なくとも12月の中旬までに届くように手配をする必要がありました。資料作成は予定通りにできましたが、封筒の発注や封入作業に手間取ってしまいました。

このままだと年末ギリギリの発送になってしまうと考え、休日出勤することにしました。

休日に仕事をすると、電話もかかってこず来客もないので、作業がスムーズに進んで予定よりも早く作業が完了。単純作業は休日にやる方が良いのかも、と思いました。

 

アメリカからの無茶ぶり

メーカーで働いていた時ですが、アメリカの取引先から急きょ工場の生産計画表を送って欲しいと頼まれました。

会社内で緊急会議してやっとこさ金曜日の夜に生産計画は纏まりました。しかしアメリカサイドは、詳しい数字が入った生産計画表をすぐに欲しいといってきたのです。

仕方ないので私は土曜出勤をし、アメリカサイドに生産計画表をメールしました。

結果、アメリカの会社から何度も感謝され、アメリカ出張の際は、美味しい食事と高級ワインをゲットすることができました。頑張って休日出勤したかいがありました。

 

一石二鳥でした

取引先に提出する新規部品の企画書がなかなか出来上がらず、納期が過ぎてしまったので休日出勤することにしました。

意外にも土曜の会社は人も少なく、いつもより集中して仕事できました。

お陰で納期が過ぎてしまった企画書も無事完成することができました。

また普段あまりできないデスク回りの整理整頓もゆっくりできて良かったです。仕事は捗るしデスクは綺麗になるし、一石二鳥の休日出勤でした。

 

優雅に仕事

海外出張が続いたため、社内の経理に提出する売掛金を作成することができず納期を過ぎてしまいました。仕方なしに土曜の午後から休日出勤しました。

土曜のオフィスは誰もいなく、私は音楽をかけながらリラックスして仕事をすることができました。また途中でお菓子とコーヒーを買いに行き、優雅におやつタイムを楽しみました。

売掛金も出来上がり、またリラックスしながら仕事ができて、とても充実した休日出勤になりました。

 

効率を重視して

上司から別の仕事を急でやるように言われた結果、納期に間に合いませんでした。

納期には間に合いませんでしたが、心身のストレスを解消して効率を上げる必要があると思ったために土日は休むことにしました。

仕事とプライベートなら仕事を優先するべきという意見もありますが、しっかりと休日を取ったことで仕事も捗って後の信頼も勝ち取ることができました。

 

スポンサーリンク

頑張ったんだけど、、、

同僚が一人育児休暇を取った為に、一人一人の仕事量が増えました。

設計書が納期までに終わりそうもなく、土曜日と日曜日に出勤してしまいました。

いずれ昇進したいと考えているので絶対に納期までに仕事を終わらせたかったためです。土曜日と日曜日に出勤した事で何とか間に合う事は出来ました。しかし体力的にきつくて大変でした。

 

許可が出ずに、、、

緊急の仕事を優先しているうちに金曜日の夕方になってしまい、月曜日の午前中までが納期の仕事を依頼されていたことに気づいたことがありました。

土日に休日出勤しようと思ったのですが、上司の許可が得られませんでした。

結果、月曜日に早めに出勤して仕事をすることにし、その仕事に専念したので、午前中までに何とか間に合わせることができました。

 

どうにか終わらせたものの、、、

複数の案件を抱えていたために仕事の期限が重なってしまった。

期限を延ばしてもらうことができない案件ばかりだったので、平日のみの仕事ではどうしようもなくて土日に出勤して仕事をこなした。その結果、全ての案件の期限を守ることができた。

しかし、その反動で体の疲れが抜けずに、その後の仕事でミスが続いてしまった。やはり休日は体を休めないとダメだと感じた。

 

良かれと思ってやったのに、、、

ガス屋時代に指定納期までに数百件ある顧客全部の保安業務があり、夜間か日曜にしか在宅しないお客さんが数件あり、それがどうしても終わらず、日曜しか在宅していないお客さんの業務に従事したことがあります。

法律上、決められた期限にきちんと終了しなければならない業務なので最優先事項と思っていました。

とはいえ、夜に行っても家の周りでガサゴソするのは近所迷惑なので致し方なく、お客さんの了解を得て日曜日に出向きました。

結果、納期にはすべての顧客の業務は完了したのですが、会社からは「日曜日もわがまま言えば稼働するって実績を作るようなマネをするな」と叱責されました。

思いっきり会社に対する気持ちが冷めた瞬間でした。

 

期末はどうしても忙しい

3月は特に期末で忙しく、納期が迫っているものが多かったです。

毎日残業して必死に仕事を終わらせていましたが、忙しさが加速するとさらに仕事が増えるばかり。仕方がないので土日に出勤し、仕事を終わらせていました。

結果、納期を少し伸ばして頂いたりしましたが、大きな問題になることはなく、終わらせることができました。

 

スポンサーリンク

社内ニート的にはどうすればいいか

miyano
あくまで僕の意見ですが、、、

 

意識の低い社内ニート的には「当然休むでしょ!」と思われるかもしれませんが、

個人的には「早出したり、昼休み使ったり、休日出勤してでもさっさと終わらせた方がいい」という意見です。

 

 

・・・その当時、新卒でとある企業に入社し、ど新人だった僕。

右も左も分かりませんでしたが、同じ職場には40歳越えのおじさんたちばかりだったので、親切に教えてもらえるわけもなく、日々不安を抱えて過ごしていました。

 

そんなある日、「とりあえずこれやっといてくれ」というギャル男もびっくりの軽いノリで大量のエクセルデータの編集を押し付けられたんです(笑)。

エクセル自体は使い慣れていたんですが、「先輩の仕事だし、ミスできない」というプレッシャーを感じてしまって、なかなか仕事が進みませんでした。

(分からないことを聞きに行くと、自分で考えろと突っぱねられましたしね(笑))

 

そのエクセルデータは、客先に説明するためのデータだったので本当は期日までに終わらせなければいけなかったんですが、

社会の荒波にもまれる前のピュアな僕は、

miyano
「休日出勤とかありえないっしょ」

と斜に構えて土日に休むことにしたんです笑。

 

さて、仕事のストレスを発散してリフレッシュするためにパーッと休日を過ごそうとしたはいいものの、何をやっても仕事のことが頭をよぎってしまうんですよ。

 

映画館に一人映画見に行って、コナンの推理にドキドキしている時でも、ふと気を抜いた瞬間に大丈夫だろうかと不安になるんですよね。

休みの日だから相談できる人もいないし、

「怒られたときの言い訳どうするよ?」とか、「月曜日行きたくねぇ・・・」とか、考え出すと絶望しますよね。

せっかくのストレス発散のための休日だったのに、日曜日の昼くらいから不安になってきてろくに眠れなかったわけです。

 

・・・ということで、休日しっかり社外活動を楽しみ、平日もしっかり社内ニートするためにも、終わらせるべき仕事はちょっと無理してでも終わらせておいた方がいいというお話でした(笑)。

 

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

仕事の相手が社内か、取引先かによっても状況は変わってくると思いますが、

この記事を参考に、やるべきことはさっさと終わらせて優雅な社内ニート生活を満喫してみてはいかがでしょうか。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク