休む方がまし!?仕事を遅刻したときの上司の評価は?

社内ニート
スポンサーリンク

 

Aさん
朝から体調が悪い。。遅刻してでも仕事に行くべきか、休むか迷うな~。上司の評価はどちらのほうがいいんだろう?

こんな疑問に答える記事です。

 

記事の内容

・休むvs遅刻 上司の評価がいいのはどちら?

・遅刻しても休んでも問題なし。社内ニートになるためのポイント

 

どうも、社内ニート養成所のmiynaoです。

社会人として働いていると、遅刻してしまうことってありますよね。

二日酔いで寝坊したり、仕事に行きたくないゆううつな気分でついつい二度寝してしまったり、

理由は様々あると思います。

僕の場合は、今日の朝眠すぎて起きられなくて、遅刻してまで会社に行こうか悩んだ結果、

だるかったので体調不良(仮病)ということにしてサボりましたが(笑)。

 

とはいえ、常識的な大人であれば、遅刻してしまうと怒られたり、職場で気まずい雰囲気になってしまいますよね。

それに、自分自身の中でも「なぜ遅刻してしまったんだ」と落ち込んだり、心理的に辛いストレスを抱えてしまうかもしれません。

そして、その中でも一番気になるのは上司からの評価ではないでしょうか?

遅刻していくくらいならいっそのこと休んだ方がましなこともあるかもしれません。

 

ということで今回は、仕事に遅刻するか、休んでしまうか、どちらのほうが上司の評価がいいかアンケートをもとにまとめてみました。

なお、アンケートの都合上、今回は「体調不良で遅刻するか休むか迷っている」というシチュエーションを設定しています。

 

スポンサーリンク

仕事を休むvs遅刻 上司の評価がいいのはどちら?

 

今回15人にアンケートをとりましたが、

休んだほうが評価高い派が7人、遅刻した方が評価高い派が8人ときれいに割れる結果になりました。

 

もちろん、インフルエンザ等の感染症になったら休むのは当然として、

体調不良の度合いにもよりますが、どちらの方がいいかは上司による、というところでしょうか。

以下、それぞれの派閥の意見やそう考える理由をまとめてみました。

 

ざっくりまとめてみると、

成果重視の上司=休んだほうが評価高い

信頼・責任重視の上司=遅刻してでも出社した方が評価高い

といった傾向があるように感じましたね。

 

あなたの上司がどちらのタイプか、想像しながら意見を見てみてください。

スポンサーリンク

休む方が評価高い派の意見

休む場合の方が評価は高いです。

上司に対して「本日は休みますが、現在取り掛かっているプロジェクトは○○までに終わる見込みです」と言い添えます。

抱えている仕事の見通しを説明すれば、休んだ方が評価されやすいです。

潔く休むことの方が評価が良いです。

体調が悪いまま仕事をしても成果や生産性が上がるとはいえません。

ましてや他のメンバーにも病状が波及してしまう可能性があり、組織の面でもリスクがあります。

従いまして、休むときは休み、しっかり完治して出社するのが評価が高いです。

私は体調不良の場合ならば、休んだ方がまだましだと思います。

というのも、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症であるならば、人に移してしまう恐れがあり、他の人にまで迷惑をかけてしまうことがあると思うからです。

押してでも出勤する責任感は買われるとは思いますが、体調を管理して長引かせない。他の方への配慮としては、出勤を避け休まれた方が評価は高いように感じます。

無理を押して出勤しても作業効率が悪いと迷惑を余計にかけますし。

私の場合、部下が体調不良になったら休んだ方がいいと考えます。

万全ではない状態で仕事をしても、ベストな成果物はできないですし、仕事中に体調が悪化して早退、もしくは次の日から休む場合も考えられるからです。

それならば、一度しっかり休んで元気な状態で仕事をしてくれた方が、本人にとっても周囲の人たちにとっても良い影響を与えると思います。

また、体調不良なら遠慮なく休めるという意識が芽生えると思うので、部下たちも自己管理がしやすくなるという方向にもっていきたいのも理由の一つです。

休んでもらうほうが良いです。体調不良ならば一日休んで次の日からしっかり働ければよいです。

遅刻して出勤したとしても万全の調子でなければ本来の能力を発揮できないし、無理をしたことで体調を崩し翌日欠勤となったら遅刻した意味がないので。

私が上司なら体調不良なら一日休みにして欲しいなと思います。

調子が良くなったと思って出勤してまた具合が悪くなったり、仕事に支障が出るかもしれないので。

同僚にも迷惑がかかるかもしれないのでそうゆう時は無理しないで欲しいと思います。

スポンサーリンク

遅刻の方が評価高い派の意見

インフルエンザやノロなど他人に移す怖れがある場合は休むのが常識ですが、

頭痛や腹痛、軽い風邪の場合は薬を持参したりマスクを装着するなど出来る限りの装備をして遅刻してでも出社したほうが良いと思います。

まるっきりいないとその人の分の仕事を誰かが負担しなければならないし、その後の引き継ぎも大変で双方の時間が無駄になります。

出社出来る状態なのであれば出社して自分の仕事の責任を果たすべきです。

遅刻しても会社に出てくることは評価につながらります。

一生懸命に仕事を頑張っている印象があるので、例え仕事が遅くても姿勢に満足します。

あまりにも体調が悪い場合は休むべきですが、前向きな姿勢を評価します。

一人かけてしまうと仕事が大変になるので、遅刻してでも会社に出勤することは評価につながります。

一人が休んでしまうと、その分ほかの人の仕事に影響を与えてしまうので、ゆっくりのペースでも出勤することは素晴らしいです

大事な仕事がない時でも、仕事に対する思いは伝わるので遅刻してでも出勤することは評価につながります。

もし大事なプロジェクトを任せる時に休まれると大変なので、どんなことでも出勤することは評価につながります。

体調が悪い時は誰でもありますが、一々休まれると信頼できなくなってしまいます。

大事な仕事を任せる時に、ちょっとした体調不良で休まれると信頼できないです。

どうしても体調が悪くなった場合には、早退できるので出勤することは評価につながります。

仕事は毎日のようにコミュニケーションをとったり、信頼関係を築くことが大切になるので、体調不良で休まれると信頼関係がなくなってしまいます

あまりにも体調不良が酷い場合はしょうがなですが、できる限り出勤することは評価につながります。

どちらかと言いますと、遅れてきた方が評価は高いですね。

インフルエンザのような周りに迷惑がかかる場合は休んで欲しいですが、周りに迷惑がかからない場合は、仕事の円滑化の為に、遅刻でも出勤してほしいですね。

遅刻してでも出社してくれた方がいい。

正直こないで一切連絡が取れないよりかは、一度現場にきて、直接確認だけでもしてもらった方がそのあとすぐ帰るにしても、のちの仕事がスムーズにできるため。

一切現場に来ないよりかは、まだ動けるのであれば来てくれたほうが評価はする。

私もインフルと、本当に動けない以外はとりあえず出向いて、自分の状況も実際に見てもらうようにしている。

その方が上司も聞きたいことを端的にきいてくれ。お互いにスムーズに事が運べているし、自分自身も気持ち的にゆっくり休められている。

スポンサーリンク

遅刻しても休んでも問題なし。社内ニートになるためのポイント

 

「間に合わねえええええ!!」

 

当時、工場で新人としてしばらく働いた後、部署を異動して都内勤務のデスクワーカーになった僕は、

「電車50分遅延」の表示を見て絶望していました。

 

昨日の天気予報で、台風が通勤時間に直撃することは把握していましたが、

まさか家の最寄り駅から出られない程ひどくなるとは思ってもみなかったんです。

 

電車が動かないものは仕方ないし、正直ぎゅうぎゅうの満員電車に無理やり乗ってまで会社に行きたくもなかったので

駅の近くのカフェでぼーーーっと時間をつぶすことにしました。

 

そして、ある程度電車も動き出して、車内もすいてきたころにようやく出勤することができました。

 

結局その日会社に着いたのは昼前でした。

 

まあ台風で電車が遅れれば皆が影響を受けるわけで、

さすがにその日の遅刻に関しては上司にどうこう言われることはありませんでした。

(その上司は、ストレートに起こるタイプではなかったですが、ねちねち嫌味を言ってくるタイプだったので、体調不良とかの理由だったら面倒なことになっていたかもしれません。)

 

 

が、問題は目の前に積もり積もった仕事ですよ。

 

 

当たり前ですが、出勤が遅くなればなるほど仕事の進捗も遅くなってしまうわけですよ。

 

本当は、今日はちょっと早めに会社に行って仕事を片付けて、さくっと定時で切り上げて

友人とちょっとオシャレなオイスターバーに行って優雅なアフターファイブを満喫する予定だったんですよ!!

朝から白ワインのグラスを片手に新鮮な生ガキを食べる妄想で頭がいっぱいだったんですよ(笑)

 

それがどうでしょう、朝会社に着いてメールを開くと客先からの大量の仕事の依頼が。

しかも納期も短いときたもんです。

 

「俺の優雅なアフターファイブがあああああ!!」

 

予定通り、早めに出勤できていれば十分終わらせることができる量だったんですが、

さすがに昼前出勤だと定時までには終わりません。

 

結局その日は仕事が全く終わらず残業してしまって、友人との予定をキャンセルする羽目になってしまいました泣。

(友人には申し訳ないことをしてしまったので、後日ちゃんとお詫びはしておきましたよ笑)

 

私用とは言え、がっつり定時後に予定を立てていたところだったのに、こうやって突発的にペースを乱されてはたまったもんじゃありません。

 

僕は本能的に、「こんなことが続いたらヤバい、どげんかせんといかん!」と強く思いました(笑)。

 

いろいろと考えていたんですが、正直、どれだけ遅刻しないように気を付けていても

大雪や台風は避けられないですし、体調不良になることだってあるかもしれません。

 

そもそも全く遅刻しない前提で仕事を詰め込みすぎているのがいけないわけですよ。

 

だったら、多少体調不良で遅刻したって、最悪休むという選択をしたって、全然余裕があるくらい、自分の仕事をとにかく早く効率的に終わらせられないかと考えたんですね。

 

そうすれば、やむを得ず遅刻してしまったとしても、

「今日もそこまでやることないし、ゆっくり出社しよっと。」といった感じで

余裕をもって生きていけるんじゃないかと思ったんですよ。

 

そこで僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。

強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですよね。

 

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、僕の前の席に座っていた同期のA君は、

細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス)

 

「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

 

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

 

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。

 

もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、

タタターンとテンポよく出来たことが印象に残っています。

 

今では自分の強みをうまく使って突発的な仕事でもさっさと終わらせて、

体調不良で遅刻しても、休んでしまっても問題ないくらいの社内ニートになってしまいました(笑)。

 

上司にも「遅刻しましたが、仕事の進捗は問題ありません」の一言でOKです笑。

 

いろいろな即効性のあるテクニックも大事ですが、

自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。

社内ニートを極める!自分の【強み】の診断方法とは?

2018年6月9日

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのテクニックやヒントを活用して、効率よく仕事を終わらせて、

優雅な社内ニート生活を満喫していただければ幸いです。

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。

↓メインサイトに飛びます。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク