仕事で手抜き癖がある人の心理と克服方法14選まとめ

社内ニート
スポンサーリンク

 

Aさん
難しい仕事をしているときについつい手を抜いてしまって手抜き癖がついているんだけど、克服できる方法はないかな~?

こんな方に役立つ記事です。

 

記事の内容

・仕事で手抜き癖がある人の心理と克服方法まとめ

・手を抜かずに踏ん張ったら社内ニートになってしまった話

 

どうも、社内ニート養成所のmiynaoです。

 

社会人として働いていると、難しい仕事だったり、困難な壁にぶつかることがありますよね。

そういったときに、普通の人だったら頑張ってその壁を乗り越えようと努力すると思いますが、時には手を抜いて知らんぷりしてしまうこともあるかもしれません。

 

僕の場合は、手抜きせずにさっさと終わらせて社内ニート生活を楽しむ派です(笑)。

 

とはいえ、せっかく任された仕事を手抜きして終わらせても、その後大変ですし、

手抜き癖がついてしまうとなかなかその習慣を変えるのも難しいのではないでしょうか。

 

ということで今回は、仕事で手抜き癖がついてしまった人のために、その克服方法を体験談と共にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

仕事で手抜き癖がある人の心理と克服方法まとめ

同僚を意識する

ゴールデンウィーク後は仕事が嫌になり、顧客へのアポイントを取得して営業に行くことをサボっていました。

しかし、同僚が営業成績を伸ばしているのが脅威になり、営業を頑張ろうと改心し、アポイント取得に励みました。

 

無になる

仕事に対して手抜き癖がついたのは、毎日同じ仕事を繰り返していることがくだらないと思ったからです。

やりがいを見つけることが難しかったのですが、ロボットのように無になって仕事をしていれば手抜き癖がなくなりました。

 

作業の意味を考える

同じ作業を繰り返す場合、気張って仕事をしても仕方がないと思い、手を抜いて楽をしてしまいます。

ですから、同じ作業一つをとっても必ず意味があり、手を抜かずにやりぬくことが次に繋がると考え、気持ちを切らさないように仕事をしています。

 

新しいことをやってみる

やりたくない仕事の担当になった時、その場しのぎに手抜きでノルマをこなしてしまいます。

解決策として、手を抜く原因である仕事内容を見直し、やりたくない仕事を早く片付けて新しい仕事を次々にこなすこようにしています。

そうすれば、一つの退屈な作業に囚われず、数をこなす目標ができてやる気が湧いてきました。

スポンサーリンク

新人に教える

慣れてきて単調な仕事に感じてきてしまった時にうまく抜くように悪知恵的なものが働いたことがありました。

私の場合、新人さんが入ってくることで教えなければならなかったり、手本にならなければならないことがあったのでその都度、身が引き締まる思いになっていました。

いつも、締め切り間際に仕事を振ってくる上司がいます。キッカケは、そんな上司から指示された仕事をしていた時です。

期限に迫られ、早く完成させたいという一心で手抜きしました。

こちらは昼食抜きで仕事してのに、他の人は休憩前なのにのんびりと雑談しています。

その様子を見ながら一人急かされているのがバカバカしく思えてきました。

なぜ自分だけ…と思うと悔しくなり、余裕がある時でも手を抜くようになっていました。

そんな時、新入社員の指導係になり、このままではいけないと反省。そこからは手抜きをしないようにしています。

 

お金のことを考える

仕事に対して手抜き癖がついたのは、今やっている仕事にやりがいを見つけることができなくなったからです。

何のために仕事をしているのかわからなくなってしまったため、お金のことばかり考えていると手抜き癖がなくなりました

 

評価を考えない

仕事に対して手抜き癖がついたのは、一生懸命にやっている自分が評価されず手を抜いている同僚が評価されていたからです。

一生懸命に仕事をしても評価されないので、評価のことは一切考えずに黙々と仕事に取り組みました。

 

上司の分まで頑張る気持ち

仕事に対して手抜き癖がついたのは、上司が見ていないことや外出することが多々あったので手抜きをしてしまいました。

これではいけないと思い、上司の仕事の分までやる気持ちでいると手抜き癖が全くなくなりました。

 

しっかりチェックする

仕事に対して手抜き癖がついたのは、一度サボった時に怒られることがなかったからです。

サボった書類を提出しましたが、見向きもされませんでした。これではいけないと思い、時間があり余った時は何度も書類をチェックするようにしました。

スポンサーリンク

ストップウォッチを使う

とにかく終業時間まで手を抜く癖がついてしまって、仕事に対しても集中できない日が続きました。

そこで、タイマーやストップウォッチを使用した仕事時間の管理を始めることに。

タイマーを30分から1時間に設定し、その時間内は何があっても集中する、という具合に取り組んで、集中力が増し、少しずつやる気が改善しています。

 

優先順位を明確にする

フォローされた仕事だけして、それ以外は後回しにして結局やらなかったりする手抜き癖がついていて、いつもめんどくさいと思いながら仕事をしていました。

そこで、優先順位を明確にしてリストを作成し、終わった仕事をリストから消していくことで、全ての仕事をこなせるようになりました。

 

席替えをする

上司が不在が多く、壁に背を向けているため、ネットし放題、サボり放題でした。

サボるわりに仕事にミスが目立ち始めたので席替えを申し出ました

多くの人が背後を通る席にしたため、ネットで遊ぶことも少なくなり常に仕事を全力でするようになりました。

 

1人で仕事を担当する

私の担当していた仕事は複数人で行うグループのものが多く、私1人がサボっても他の人がやってくれると言う状況が私を甘やかせていました。

そのため、このままではまずいと思い、私1人だけで担当する仕事を1つもらうことにしました。

他に頼る人がいない状況を作ることで、いつもの逃げてしまう癖ををなくすことができました。

 

スケジュールを見直す

営業をしていますが営業は束縛がないので、いくらでもサボれます。

暑い夏の日に財布を忘れ家に帰りクーラーをつけ、30分休んだのが始まりでした。

30分が一気に三時間になったり手抜き癖が出ました。

なので私は30分は車で仮眠を取るようにスケジューリングするようにしました。休むことを営業の仕事の一部にすることで効率化につながりました。仕事の能率は格段に上がりました。

スポンサーリンク

手抜きせずに踏ん張ったら社内ニートになってしまった話

 

「終わらねえええええ!!」

 

当時、工場で新人としてしばらく働いた後、部署を異動して都内勤務のデスクワーカーになった僕は、

客先から依頼された、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事に手間取っていました。

 

昨日までは、30分置きにタバコ吸いに行ったり、コンビニにお菓子買いに行っても、もて余すくらい暇で、

定時前にこっそり帰って、映画を見ながら晩酌を楽しむ精神的な余裕があったんですよ。

 

 

だからどうせ今日も暇だし、ちょっと早く仕事を切り上げて

友人とちょっとオシャレなオイスターバーに行って優雅なアフターファイブを満喫する予定だったんですよ!!

朝から白ワインのグラスを片手に新鮮な生ガキを食べる妄想で頭がいっぱいだったんですよ(笑)

 

それがどうでしょう、朝会社に着いてメールを開くと客先からの大量の仕事の依頼が。

しかも納期も短いときたもんです。

 

「俺の優雅なアフターファイブがあああああ!!」

 

 

前々から分かっていて覚悟ができていればまだ良かったんですが、

昨日まで社内ニートを楽しんでいたところに、いきなり右ストレートをかまされた気分でした(笑)。

 

早く帰りたいのに帰れない、でも手を抜くわけにもいかない

そんな状況にイライラしてしまって余計に仕事が手につきませんでしたね。

 

結局その日は、手を抜くことこそしなかったものの、仕事が全く終わらず残業してしまって、友人との予定をキャンセルする羽目になってしまいました泣。

(友人には申し訳ないことをしてしまったので、後日ちゃんとお詫びはしておきましたよ笑)

 

私用とは言え、がっつり定時後に予定を立てていたところだったのに、こうやって突発的にペースを乱されてはたまったもんじゃありません。

 

 

僕は本能的に、「こんなことが続いたらヤバい、どげんかせんといかん!」と強く思いました(笑)。

 

学生時代から、困難なことから逃げまくってきた僕にとって、

こんな状況が続いたら、仕事に対して手を抜きまくって崩壊してしまうのが目に見えていたんですね。

 

 

そこで、色々と突発的な仕事を避けるような方法を考えていたんですが、

正直、どれだけ避けていようとも、避けられない仕事は降ってくるので、そういったときに

自分の仕事をとにかく早く効率的に終わらせられないかと考えたんですね。

 

 

特に、僕が手を抜きたくなる時って、大量の仕事が自分の意図せぬところで舞い込んできたときだったので、

効率的に仕事ができれば、手抜き癖が発動する前にパパっと終わらせて、

「今日も暇だぜ~。早く家に帰って、ゆっくりお風呂にはいろっと。」といった感じで

余裕をもって生きていけるんじゃないかと思ったんですよ。

 

 

そこで僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。

強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですよね。

 

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、僕の前の席に座っていた同期のA君は、

細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス)

 

「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

 

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

 

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。

 

もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、

タタターンとテンポよく出来たことが印象に残っています。

 

 

今では自分の強みをうまく使って突発的な仕事でもさっさと終わらせて、

わざわざ手を抜く必要もないくらいの社内ニートなってしまいました(笑)。

 

いろいろな即効性のあるテクニックも大事ですが、

自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。

社内ニートを極める!自分の【強み】の診断方法とは?

2018年6月9日

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのテクニックやヒントを活用して、効率よく仕事を終わらせて、

優雅な社内ニート生活を満喫していただければ幸いです。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク