CM

インディードCM卓球する男性は誰?窪塚洋介と斎藤工がピンポンバトル!

2019年9月より放送されているindeed(インディード)の最新CMが話題になっています。

おしゃれな職場で、昼休みに白熱した卓球勝負を繰り広げる2人のイケメン男性は誰なのでしょうか?

今回は、インディードのCMに出演している男性について紹介したいと思います。

Indeed(インディード)CM「卓球」篇

卓球映画のワンシーンのようなCMですね!

そして実は、職場の昼休みだったという設定ですね。

卓球ができるおしゃれな職場ってそれだけでテンション上がりそうですね。

こちらはメイキング映像ですね。

スポンサーリンク


インディードCM卓球する男性は誰?

インディードCMで卓球をされている男性は、窪塚洋介(くぼづかようすけ)さんと斎藤工(さいとうたくみ)さんです。

窪塚洋介さんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

『GIRI/HAJI』(BBC,Netflix London) https://www.google.co.jp/amp/s/www.heyuguys.com/giri-haji-images/amp/ https://www.heyuguys.com/giri-haji-images/

YOSUKE KUBOZUKAさん(@yosuke_kubozuka)がシェアした投稿 –

窪塚洋介さんは神奈川県出身の40歳(2019年9月時点)。

俳優、レゲエシンガー、ミュージック・ビデオ監督、カメラマンと幅広く活躍されている方です。

テレビドラマ出演としては1995年のテレビドラマ『金田一少年の事件簿』の深町充役が最初と言われています。

その後、2003年に結婚、長男の誕生、2004年にいまでも記憶に新しいマンションからの転落事故等あり、2012年に離婚と、プライベートでも度々ニュースで取り上げられる機会がありました。

現在では、

  • 俳優としては個人事務所「株式会社アスマキナ」に所属
  • レゲエシンガーとしては、「AMATORECORDZ」所属で「卍 LINE a.k.a.窪塚洋介」という名義
  • ミュージックビデオ監督としては「空水」という名義

で幅広く活躍されています。

窪塚洋介さんのプロフィール

名前:窪塚洋介(くぼづかようすけ)

生年月日:1979年5月7日

出身:神奈川県横須賀市

身長:177㎝

血液型:O型

インスタグラム:https://www.instagram.com/yosuke_kubozuka

窪塚洋介さんの主な出演作品

映画

  • 2001年:GO「杉原 役」
  • 2002年:ピンポン「ペコ 役」

テレビドラマ

  • 1998年:GTO「菊池善人 役」
  • 2001年:もう一度キス「三枝歩 役」
  • 2001年:ナンバーワン「荒木竜之介 役」
  • 2002年:ロング・ラブレター〜漂流教室〜「浅海暁生 役」

窪塚洋介さんの卓球姿と言えば、2002年に公開された「ピンポン」が有名ですね!

それ以来の卓球姿ということで、時の流れを感じます。

斎藤工さんのプロフィール

斎藤工さんは東京都出身の38歳(2019年9月時点)。

俳優、映画監督と活躍されている方ですね。

高校生の頃からモデルとして活躍されており、卒業後は本格的に演技を学び始めたそうです。

俳優デビューは2001年のこと。

それ以降、数多くの映画、テレビドラマに出演されていますね。

斎藤工さんのプロフィール

名前:斎藤工(さいとうたくみ)

生年月日:1981年8月22日

出身:東京都港区

身長:184㎝

血液型:A型

趣味:映画鑑賞、写真撮影、カポエイラ、合気道、ボクシング、サッカー

斎藤工さんの主な出演作品

映画

  • 2012年:愛と誠「岩清水弘 役」
  • 2012年:逆転裁判「御剣怜侍 役」
  • 2016年:HiGH&LOW THE RED RAIN「雨宮尊龍 役」
  • 2019年:麻雀放浪記2020「坊や哲 役」

テレビドラマ

  • 2009年:オトコマエ!2「武田信三郎 役」
  • 2010年:クロヒョウ 龍が如く新章「右京龍也 役」
  • 2011年:最上の命医「西條命 役」
  • 2014年:昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜「北野裕一郎 役」

スポンサーリンク


まとめ:インディードCM卓球する男性は誰?窪塚洋介と斎藤工がピンポンバトル!

ということで今回は、インディードのCMに出演されている窪塚洋介さんと斎藤工さんについてまとめてみました。

お二人のこれからの活躍にも大注目ですね。

以上、「インディードCM卓球する男性は誰?窪塚洋介と斎藤工がピンポンバトル!」でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。