罪悪感なし!仕事のズル休みに使える言い訳・理由11選まとめ

仕事のテクニック
スポンサーリンク

 

Aさん
ちょっといろいろあって、仕事をズル休みしたいんだけど、罪悪感のない言い訳や理由が知りたいな~。

こんな方に役立つ記事です。

 

記事の内容

・罪悪感なし!仕事のズル休みに使える言い訳・理由まとめ

・気にせずズル休みすればいいじゃない

 

どうも、社内ニート養成所のmiynaoです。

 

社会人であれば普段から、いろいろな環境の変化や失敗、人間関係などで常に様々なストレスにさらされていると思います。

 

そんな中で、たまには休みたくなる時もありますよね。

ちょっと風邪をひいたとか、胃腸炎だとか腹痛だとか、彼氏・彼女と遊びたいとか、コンサート行きたいとか、理由は様々あると思います。

そういったときは普通に有給を申請すればいいんですが、中には申請しづらかったり、当日になって急に行きたくなくなるような人もいるかもしれません。

 

ということで今回は、そんな仕事をずる休みしたい人のために、罪悪感を感じない口実について、体験談とともにまとめてみました。

 

スポンサーリンク

罪悪感なし!仕事のズル休みに使える言い訳・理由まとめ

体調不良

寝坊してほぼ、勤務開始時間に起きたので、どう急いでも絶対に間に合わない時に、会社に行くのを諦めようと思いました。

「体調が悪いので今日一日お休みさせて下さい」といいました。

体調が悪い度合いも人によってそれぞれだと思うので、今日だけ特別!と思い、のんびりゆっくり過ごしました。

どうしても休みたくなるときは、心の具合が悪いときです。

身体は大丈夫なので休むのは気が引けますが、有休もたくさんあるし休んでしまえ、と思い、具合が悪そうな声で電話で、

「具合が悪いので休みます。すみません。」と言います。余計なことは言わない方があとあと面倒になりません。

仕事にミスが許されない状況がかなり続いており、夜も考え事などでねむれなかったりしていました。

その時に朝起きて猛烈に会社に行きたくないと思いました。頑張ってみようとしましたが無理で、上司に「気分が優れないので休みます。」と連絡しました。

ストレスで爆発するより良いと思い罪悪感も感じませんでした。結果、ゆっくりリフレッシュできて仕事も順調に終わりました。

上司の我がままで他社員たちに私に非がないにも関わらず罵倒されたことがありました。

嫌気が指したので、「体調が優れないため休みます」と言ってズル休みを敢行。

ありきたりな理由に聞こえますが、もし「具合が悪いことを証明しろ」なんて言われれば、優れた会社と上司とは言えません。

ストレスが溜まる日々だったため快適なズル休みが送れました。

私は言い訳を考えるのが苦手なので普通に「昨晩から体調が悪くて」と伝えます。

私は生理の時などは本当にやる気が起きなくて行きたくなくなってしまうので年一くらいでたまに休みます。

毎度毎度休んでいる人であればこの言い訳は使えないと思いますが、1年に1度くらいでしたら正直バレないですし罪悪感も全く感じないです。

結果普通に休日を過ごして翌日会社に行っても何も言われなかったです。

毎日仕事が忙しかったので単純に休みと思ったので当日の朝に職場の先輩に連絡しました。

休みの理由は朝から頭痛が酷く、吐いてばかりでトイレから出られないという理由にしました。

結果的にバレる事なく、そして罪悪感も感じる事なくゆっくりまったりした休日を過ごす事ができました。

仕事で毎日深夜まで残業が続いていた日の朝、どうしても仕事に行きたくないと思いズル休みをしました。

上司に対しては、熱が出たとか頭痛がひどいという理由では納得しないと思ったので、「昨日の夜から吐いており、朝も吐いたので休みます」と伝えました。

上司も残業が続いていることを知っており、「吐いた」ということに対して納得している様子でした。

結果とした1日ゆっくり休むことができ、やりたいことに没頭できたのでズル休みして良かったと思っています。

自分だけが一生懸命働いているような気がして馬鹿らしくなった時に休みたくなります。

休みたくなったらその少し前の日からマスクをして体調が悪いアピールをします。そして当日は体調不良で休みますと連絡します。

その前からマスクをしていたので特に怪しまれることはなかったです。一日休んで気分をリフレッシュしました。

毎日遅くまで残業が続いていて、毎日帰りが遅く、勿論寝る時間も遅くなってしまい、寝不足でした。

上司に電話して『体調が悪いので今日はお休みさせてください。』と正直に言いました。

『お大事に』と言われました。その日はゆっくり休息しました。

会社で嫌なことがあって休みたくなり、気分がふさいでいた。

実際元気が出なかったので、そのままの調子で「気分がすぐれないので休みたいのですが」と会社の上司に伝えた。

一日休んだら、良い気分転換になって元気が出た。

ズル休みをしたくなった理由は当日に行きたかった音楽ライブがあった為休みました。

怪しまれない為に、前日からマスクを着け具合悪そうに装って過ごしていました。

結果として、ライブイベントを楽しむ事ができ、翌日会社に行っても何も言われませんでした。

運輸会社で働いていて、単純作業が多く精神的に辛かったんです。ある朝精神的負荷が限界に達し、休んでしまおうと決意しました。

上司には頭痛がひどいので休みますと伝えました。体調不良は鉄板だとと思います。よほどの会社ではない限り、受け入れられるでしょう。

自分の場合はフォークリフトを運転するので最悪の場合事故につながりますから、罪悪感はあまりなかったです。

ズル休みしたくなる気分の時に仕事をすれば、ミスもしますし却って迷惑が掛かってしまいます。

この一日のおかげで私はしばらくの間、ズル休みなく働けました。

ただ眠くてどうしても起きられない時にズル休みをしました。

偏頭痛持ちであることを知っているので、偏頭痛がきてどうしても具合が悪いと言う。

病院に行くつもりと伝え家でのんびりし、午後は出かけましたが、何事もなく楽しく過ごしちゃいました。

スポンサーリンク

家族・親戚の体調不良

その日は朝から、気分がどういう訳か重く会社に行きたくありませんでした。

ちなみにその日、実家の父親が病院に定期検診に行くことになっていたので、

会社には「父親が病院で検査を受けることになったので、休みます」と言って休暇を取りました。嘘ではない理由なので、その日は家でグタグタさせてもらいました。

ズル休みをしたくなったシチュエーションは、仕事が多忙になり過度なストレスが蓄積されていた時だったことから、ズル休みたくなりました。

の時上司に伝えた罪悪感等を感じない言い訳としては、丁度妻が妊娠していたこともあったことから、

そこまで体調が悪いわけではなかったのですが、寄り添っていたいという想いを伝え、結果無事何事もなく有意義な休日を過ごすことができました。

私は連日残業が続いて身体が疲れていて、会社をズル休みしたくなりました。

その時ちょうど近所に住んでいる実家の母が、腕が痛いといっていたので、母が体調不良で病院に付き添わなくてはならないと言って、

ズル休みしてしまいました。実際は母は病院にいくほどではありませんでした。

ただズル休みしたことについては、誰も傷つけてないので、罪悪感を感じませんでした。

結局、ズル休みをして、一日家でテレビを見ながら、のんびりと過ごしました。

連勤続きで体力的にしんどくなった時に上司に嘘をつき、翌日休暇を貰うことができました。

ズル休みの理由は「母の体調が悪くなってしまい明日病院の送迎をしたいのですが…」と言いました。朝の出勤してすぐや、お昼休憩後すぐに言うのがポイントで、中途半端な時間に言ってしまうと怪しまれてしまいます。

朝の出勤した時やお昼休憩後すぐであれば「大丈夫なのか?」と怪しまれることなく心配してもらえ、罪悪感も一切感じません。

私自身は元気という設定なので翌日気にせず外出することができ、リフレッシュすることができました。

週末の公休前日に1日足すことで、人気のキャンプ場で有利な場所取りをしたくて、勝手に準備を進めてしまいました。

上司には、出掛ける前日に「実家の父が風邪をひいて心配なので様子を見ながら少し家の周りの片付けを手伝ってあげてきたい」と申し出たところ

「そうか」と快諾してもらえました。お陰様でフリーサイトはイイ場所取れて、2泊のんびり過ごすことが出来ました!

前日お酒を飲み過ぎてしまい、ひどい二日酔いだったのでズル休みしようと思いました。

ズル休みの理由に子供が病気したので、付き添いのために休みますと伝えました。

特に問題なく休むことができ、しっかりと睡眠を取ることができました。

朝起きると家を出る時間を過ぎていて、今から準備すると始業時間に間に合わないため、ズル休みしようと思いました。

妊娠中の妻が体調不良なので病院受診に付き添いたいと伝えました。

特に問題なく休むことができ、楽しい休日を過ごすことができました。

「小さいころからよくしていただいた親戚がちょっと危篤で、お見舞いも兼ねて病院に行ってきたいので、急で申し訳ないのですが欠勤します」と伝えました。

普通に休日として過ごせましたが、後日、「で、そのご親戚の体調はどうだった」と聞かれる可能性がありますので、返事は考えておきましょう。

私がズル休みしたくなったシチュエーションは、仕事のプロジェクトも終わり会社に行ってもやる仕事がないと感じた時です。

その時に上司に言った休みの理由は妻が病気に掛かり世話をしないといけないので休むといった理由です。

結果怪しまれずに何事も無く事が過ぎ去りました。

苦手なお客様が来るで憂鬱すぎて仕事に行きたくないと思いました。

上司には、子供が急に熱を出してしまい今日は預けるところも無く自分が看病しなくてはいけないと伝えました。

結果、疑われる事なくのんびり過ごせました。

前日に飲み過ぎてしまい、朝起きると二日酔いで会社を無性に休みたくなりました。

そこで「妻がインフルエンザにかかり40度近くの熱がある。病院に連れていかないといけないから休みたい。」というウソの言い訳をしました。

実は以前に、上司がこの理由(奥さんの病気)で休まれたことがあったので、同じような理由であったため、すんなり受け入れてもらえました。

スポンサーリンク

家のトラブル

朝から大雨が降っていて、たいした仕事もないのに出勤する必要性を感じなかった。

そこで考えたズル休みの言い訳は「トイレが故障していて、今すぐ業者にきてもらわないといけない。家には自分しかいないので、どうしても外に出られない」。結果、見事に休日をゲット。

体調面での欠席ではないので、後日心配されることもなし。

仕事の忙しさと客先との飲み会続きで心身共に疲労が溜まり、ある朝無性に会社を休みたくて使った言い訳です。

それは、家の水道管から水漏れが発生してしまい、目を離すと床か水浸しになるので行けませんという理由です。

上司もそれは会社に来てる場合じゃないなということで納得してくれたので、ゆっくりリフレッシュすることができました。

 

資格の勉強

仕事における日々の繰返しに疲れ、ずる休みを決意しました。

上司に対して、週末の資格試験に向けて勉強したいので休ませてほしい旨、申し出ました。

上司からは勉強熱心だと思われ、快く休暇を了解してもらうことができました。

 

ご近所トラブル

近所に住む人間同士がちょっとした騒音トラブルから民事裁判をやることになり、その証人として出廷してくれと頼まれていると言って仕事を休んだことがあります。

上司には半日だけでも出勤しろと言われましたが、裁判がいつ終わるか分からないのでと誤魔化して1日休みを貰いました。

裁判は嘘ですが騒音トラブル自体は事実で、以前話し合いに駆り出されていたこともあったので罪悪感は感じませんでした。

何度も使える言い訳ではありませんが、その時はのんびりと休めました。

 

遠出の営業

仕事の疲れがたまって温泉に行きたくなった時のこと。営業で遠出することもあったので、新規の顧客開拓のために遠出すると言って温泉に行きました。

心の中では「初めて行く温泉だから、新規の開拓だ。オレは普段からよく仕事をしている。いいんだこれくらい」と自分に言い聞かせて

楽しく温泉で一日を過ごしました。

スポンサーリンク

親戚の不幸

友達の家に泊まった翌日、あまりにいい天気でどこかに出かけたくなり、2人で相談してズル休みしました。

その時の理由は、親戚に不幸があり休みますにしました。叔父、叔母などとは言わず、親戚にすることで特に罪悪感もありませんでした。

その時は軽井沢に行ってランチして、ラベンダーをみてと、とてもリフレッシュしたよい休みになりました。

上司と気が合わなかったのでズル休みをしました。

あまりにも話をしたくなかったので、話が盛り上がることがない葬式を言い訳にしてズル休みをしました。

特に批判されることもなく、無事に休みをもらうことができました。

 

親と会う

仕事の量が日によってマチマチでその日は締日もまだ先で今日仕事に行っても暇で長い一日になりそうだと思ったから。

父が出張でこちらの方に来ていまして、締日もまだ先ですし出来ればお休みをいただきたいのですが。』と上司に電話で伝える。

『お父さんによろしくお伝えください。』と言われ、その日は好きな事をして過ごしました。

 

車の故障

ズル休みした理由として、今日やらなにゃいけない仕事が無く、明日やれば十分に間に合うと思ったいたのでズル休みをしました。

理由として、車の故障を挙げ半日休ませて貰いました。

結果として、リフレッシュ出来て次の日から仕事を頑張る事が出来ました。

 

何も言わない

GW明けで海の日までの間は土日しか休みがなく祝日が全くありません。しんどいので何もないけど休みを入れます。

私の上司は休む理由も聞かないし、好きな時に休んでいいと言われるため特に理由も伝えていません。

有休は与えられた権利で私用は理由まで伝える必要はないと思っています。

 

親戚の結婚式

毎日同じような仕事ばかりだったのでズル休みをしたくなりました。

親族の結婚式があることを言い訳にしてズル休みをしましたが、仕方がないことなので怪しまれることはありませんでした。

罪悪感もなくゆったりと休めました。

スポンサーリンク

気にせずズル休みすればいいじゃない

 

「終わらねえええええ!!」

 

当時、工場で新人としてしばらく働いた後、部署を異動して都内勤務のデスクワーカーになった僕は、

客先から依頼された、やったこともない高難易度の仕様書作成の仕事に手間取っていました。

 

昨日までは、30分置きにタバコ吸いに行ったり、コンビニにお菓子買いに行っても、もて余すくらい暇で、

定時前にこっそり帰って、映画を見ながら晩酌を楽しむ精神的な余裕があったんですよ。

 

 

だからどうせ今日も暇だし、ちょっと早く仕事を切り上げて

友人とちょっとオシャレなオイスターバーに行って優雅なアフターファイブを満喫する予定だったんですよ!!

朝から白ワインのグラスを片手に新鮮な生ガキを食べる妄想で頭がいっぱいだったんですよ(笑)

 

それがどうでしょう、朝会社に着いてメールを開くと客先からの大量の仕事の依頼が。

しかも納期も短いときたもんです。

 

「俺の優雅なアフターファイブがあああああ!!」

 

 

前々から分かっていて覚悟ができていればまだ良かったんですが、

昨日まで社内ニートを楽しんでいたところに、いきなり右ストレートをかまされた気分でした(笑)。

 

早く帰りたいのに帰れない、そんな状況にイライラしてしまって余計に仕事が手につきませんでしたね。

結局その日は仕事が全く終わらず残業してしまって、友人との予定をキャンセルする羽目になってしまいました泣。

(友人には申し訳ないことをしてしまったので、後日ちゃんとお詫びはしておきましたよ笑)

 

私用とは言え、がっつり定時後に予定を立てていたところだったのに、こうやって突発的にペースを乱されてはたまったもんじゃありません。

 

僕は本能的に、「こんなことが続いたらヤバい、どげんかせんといかん!」と強く思いました(笑)。

 

 

そこで、色々と突発的な仕事を避けるような方法を考えていたんですが、

正直、どれだけ避けていようとも、避けられない仕事は降ってくるので、そういったときに

自分の仕事をとにかく早く効率的に終わらせられないかと考えたんですね。

 

そうすれば、突発的に仕事が降ってきても、定時までにパパっと片付けることができるので、

早退したって、次の日ずる休みしたってべつに問題ないわけですよ。

 

 

そこで僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。

強みを知ってそれを仕事に活かせば現状を打開できると思ったんですよね。

 

 

ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。

そりゃ仕事遅いわけです(笑)。その代わりミスはほとんどしませんでしたけどね。

 

逆に、僕の前の席に座っていた同期のA君は、

細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス)

 

「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。

 

ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。

 

するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。

 

もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、

タタターンとテンポよく出来たことが印象に残っています。

 

 

今では自分の強みをうまく使って突発的な仕事でもさっさと終わらせて、

いつずる休みしても問題ないくらいの社内ニートになってしまいました(笑)。

 

上司への連絡も「〇〇で休みますが、仕事の進捗は問題ありません」の一言でOKです笑。

 

いろいろな即効性のあるテクニックも大事ですが、

自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。

社内ニートを極める!自分の【強み】の診断方法とは?

2018年6月9日

優雅な社内ニート生活を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのテクニックやヒントを活用して、効率よく仕事を終わらせて、

優雅な社内ニート生活を満喫していただければ幸いです。

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。

↓メインサイトに飛びます。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク