何する!?2週間休みの社会人にお勧めの休暇の過ごし方15選

社内ニート
スポンサーリンク

 

Aさん
2週間も休みになった!嬉しいけど普段仕事しかしてないし、長期休暇で何すればいいかいまいち思い浮かばないんだよね~。

こんな方に役立つ記事です。

 

記事の内容

・2週間休みの社会人にお勧めの過ごし方

・無趣味だった僕が休日を超有効活用している話

 

どうも、社内ニート養成所のmiynaoです。

 

割と時間の自由があって暇だった学生時代と比べると、社会人の休日は貴重な時間ですよね。

特にめったにない2週間もの長期休暇であれば、いろいろな過ごし方ができます。

 

将来に向けて自分を成長させたり、出会いを求めたり、時にはリフレッシュしたり、

色々な可能性のために使える時間だと思います。

僕の場合は、たまーに海外に行ってリゾート気分を味わったり、

 

普段は、こんな感じで複数のブログやメディアを運営して

収入を得ながら割と有意義に過ごせている方だと思っています。

 

ということで今回は、そんな僕が、2週間の休みで何すればいいか思いつかない社会人のために、

有意義な長期休暇の過ごし方について、体験談とともにまとめてみました。

 

スポンサーリンク

何する!?2週間休みの社会人にお勧めの過ごし方

遠くでウィークリーマンションを借りる

社会人で2週間休みがあれば、国内外のどこかでウィークリーマンションを借りて違う土地の生活を体験して見るのが有意義たと思っています。

日常生活の中にいるとマンネリ化して頭もすっきりしないことが多いですが、見知らぬ土地で生活すると脳に刺激を与えられて新たな考えを思いついたり、気分がリフレッシュしたりしてやる気が起きるなどメリットが多いからです。

私は実際長期間休みがあった時は全く行ったことのない土地で慣れない生活をすればかえって頭がさえて仕事復帰も辛くなかったです。

 

海外短期留学

短期海外留学をすると効果的です。1週間単位で海外留学を提供しているサービスがあり、2週間程度海外留学すると、リフレッシュになりつつ成長できると思います。

外国語が身に付くだけではなく、外国人と交渉する度胸が身に付きます。

海外への短期留学がおススメです。海外への短期留学は1週間からできます。

私はハワイに行きましたが語学の勉強はもちろんヨガやマリンスポーツなども学べてとても楽しかったです。

語学のレベルがそこまで上がることはないですが現地での暮らしぶりがわかって勉強になりました。

 

遠出と近場のバランスをとる

長期休暇なので、ゆっくりできるところに良いと思います。

理想は一週間ほど海外(特に欧州)に行って、帰ってきて数日休んで平日しか行けないところ(役所や銀行など)に行って

仕事前日は家でゆっくりTVみたりまったり過ごすのが良いと思います。

スポンサーリンク
 

海外旅行

海外旅行をお勧めします。特に短期の休みでは行けないヨーロッパや南米、アフリカなどです。

勤めていると2週間の休みなど通常では取れないのが普通です。だからこそ、長期の休みでしか行けない遠くの国に行くべきです。

その休みが割高なGWやお盆、お正月でなければ尚更です。私も長期休暇を取ってヨーロッパに行ったことがありますが、旅行会社に頼めば航空券や現地での宿など手配をしてくれます。

価値観の違う文化に触れあうことで、何となく成長した様な気分になれます。

2週間の休みがあるのであれば、単調な日常からかけ離れたことをした方が良いのではないかと思います。

そこで、日本を離れて海外に旅行や留学をしてみたら良いのではないかと思います。

私も休みでオーストラリアに行ったことがありますが、日本で経験できないようなことが経験できとても有意義でした。異文化に触れると言う点でも良いと思います。

普段の休暇では行けない場所に旅行に行くのがお勧めです。

一週間以上の休みがあると、私は迷わず海外に行きました。現地ではツアー等では行けない場所や、長期の休暇だからこそ行くことのできる場所に行くのが好きでした。

学生時代は時間はあってもお金が無く、社会人になるとお金は有っても自由な時間が限られます。

2週間もの休みが有るのなら、旅行、特に海外旅行をお勧めします。忙しく同じような毎日を過ごすことが多い社会人は旅行で気分がリフレッシュ出来ます。

海外の非日常でのんびりしたり、観光したり、又は買い物したり、思う存分にヴァカンスを堪能するべきです。

 

普段と違ったオシャレ

普段と違ったオシャレをして過ごすのがオススメです。仕事の内容や社則で、服装や髪型・メイクやネイルなどは制限されている事も多いと思います。

2週間あれば、髪色を変えても戻せるし、ジェルネイルをしても剥がせます。

私自身の経験で、違った格好をすると、いつもとは違う自分になれたようでリフレッシュできます。

 

温泉旅行

お金があるかないかで違ってきます。有給休暇なら安心して休めますが、そうでない時は、休みがあっても不安でつまらないです。

お金に余裕がある時は、温泉旅行がいいと思います。旅館のご飯が美味しいのと、好きなことが出来ます。

車では無くて、電車で移動すると景色が楽しめます。神奈川県鎌倉市に行きましたが歴史を感じてとても良かったです。

カメラを持って写真撮影が楽しかったです。気候が良くて空気がおいしいです。自然と元気になります。

長期休暇を活かした温泉巡りが最適です。日々感じる疲れは2週間程度では取ることは難しく、堕落した休日を送っても逆に疲れがとれないことが多いです。

2週間の時間があるので、各地の温泉街に出掛かけて、ゆっくり温泉に浸かりながら過ごすことをオススメしたいです。

シングルでも楽しめる宿も増えており、温泉街へ一人旅も楽しいですよ。

スポンサーリンク

読書にふける

仕事の隙間時間やプライベートで読む本を探しに書店巡りは如何でしょうか。

本を読むことに集中すれば有意義な休日が過ごせて、仕事や人生に活かせる情報も得ることができます。

また、最近はお洒落なカフェが隣接する書店も増えていて、寛ぎながら読書が行えます。

2週間で普段読まないような哲学書を読んでみるのもいいと思います。

私の場合はニーチェの作品をいくつか読みましたが、自分の生き方を見つめ直すいい機会になりました。

日頃まとまった時間を作ることは難しいので一旦自分のこれからの進み行きを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

家でドラマや映画

長期休日は動画配信サイトにてドラマや映画を楽しむことをオススメします。

映画館に出掛けなくても、インターネット環境があれば自宅で作品を楽しむことができますし、のんびりしたプライベート空間で実施可能です。

私がお勧めする2週間休みの過ごし方は、観たいと思っていたり気になっていた映画をひたすら観ることです。

こういう休みの時じゃないとノンビリと映画を観る機会もありませんし、シリーズ作品も一気に試聴する事が出来るので、続きが気になって落ち着かないなんて事もありません。

それに好きな映画を観る事でストレスの解消にもなりますので是非試してみて下さい。

 

大掃除

部屋の大掃除を含む身の回りの整理整頓がオススメとなります。

2週間ほどの休みなので、忙しさから普段掃除が疎かになっている場所も徹底的に綺麗にできる余裕があるでしょう。

次の日も休日だという心の余裕も、良い方向で清掃に活かされます。

 

ゲーム三昧

RPGといったクリアまで時間が掛かるゲームをプレイして、有意義な時間を過ごしては如何でしょうか。

社会人となり、忙しさからゲームをプレイする時間が滅多に取れません。

ですから、2週間の休日を活かして普段は出来ない長編ゲームのプレイがオススメなのです。

 

運動・筋トレ

私がお勧めする2週間休みの有意義な過ごし方は身体を徹底的に鍛え上げると言うことです。

もともと運動していた方は身体を動かしたい、筋肉をつけたいと思っていてもなかなか仕事で手が回りません。

2週間の休みを有効的に利用し鍛えることが出来ると思います。また筋肉痛などになっても安心して身体を休めることが出来るので有意義に時間を使うことが出来ます。

スポンサーリンク

自転車で遠出

私は札幌に住んでいるのですが、長期休暇を利用して300キロ離れた函館まで行って帰って来たことがあります。

函館まで自転車で行くのに2日間かかりましたが、筋肉痛がとても大変でした。

休みが長かったからこそ出来たことであると思いますし、自転車に乗っている時は普段感じることの出来ない風を感じることが出来てとても楽しかったです。

特に自転車好きは長距離を挑戦してもらいたいと思います。

 

小規模な旅行

社会人になると学生の時とは違い、お金はあるが時間がないという人が多いのではないでしょうか?

普通の休みの日は寝て過ごす、たまった録画をまとめて観るなどお決まりの休日になるかもしれません。

2週間という夢のような休日があるのなら、小旅行がお勧めです。車を使わず敢えて電車やバスを利用してみるのもいいと思います。

温泉を巡り、食べ歩きをし、安いホテルを泊まり歩き、昔の作家さんを気どってみてもいいかもです。

あえて日本国内を旅行するのもお勧めです。私は、飛行機や新幹線ではなく、あえて地方の在来線や寝台特急など、少し不便だけれど楽しめる旅行が好きでした。

交通手段の発達した今だからこそ、不便さを楽しむのも良いです。

旅行に行きます。知ってる人のいない場所で思いっきりリラックスすれば気分転換になりますし、自分の知らない地域の文化などを見て、見聞を深めます。

1人の時間を楽しんで、美味しいものを食べて、お金を使って、また仕事を頑張ろうという気持ちになれます。

お勧めの過ごし方は旅行です。私は現在は週3日の非常勤勤務ですが、常勤時代には毎日の仕事に追われてストレスと疲れが溜まっていました。

10日ほど続けて休みが取れた時に、静岡県在住ですが大学時代に住んでいた新潟県を1人で訪れました。

お世話になった人に会ったり、1人でゆっくり懐かしい場所を訪れたりして、仕事のことをすっかり忘れて過ごすことでリラックスできました。

なので旅行、特に1人旅行がお勧めです。

 

資格取得の勉強

お勧めの過ごし方としては何か資格取得の勉強をすることです。

簿記3級やMOS、ITパスポートなどそれぞれの分野の入口と言える資格の勉強を始めることで、より自分のキャリアアップのきっかけを拡げることができます。

試験日が決まっているものについてはそれに向けての計画を立ててもよいですし、いつでも受験できるものは休みの終盤に試験にチャレンジしても良いでしょう。

資格の取得ができなくても、勉強した分の経験と知識は必ず役に立つので、予定が決まっていなければやってみることをおすすめします。

 

お寺で座禅

お寺で座禅することをおすすめします。騒々しい日常を離れ、静かな空間で座禅をし、自分の心を見つめていると、心が元気になっていきます。

はじめはいらいらしましたが、だんだん慣れてきて、心が静かになっていき、とても新鮮な経験をすることができました。

スポンサーリンク

無趣味だった僕が休日を超有効活用している話

 

「あーやることねーなー・・・」

 

当時入社1年目の私は、せっかくの土曜日にもかかわらず

6畳一間の部屋でコーラを飲みながら、ダラダラとYoutubeのお笑い動画を見て過ごしていました。

 

というのも、配属された事業所があったのは茨城県のど田舎。

 

近所にはスーパーとコンビニと「ほっともっと」が一軒ずつ、あとは大通り沿いに田舎特有の大型パチンコ店があるくらいで、 暇をつぶすのに苦労する環境だったんです。

 

そのころの私の休日といえば、

朝はだらだらと適当に起きて、腹が減ったら、部屋着のスウェットのままサンダルをはいて「ほっともっと」に行って唐揚げ弁当を買い、ついでにセブンイレブンのアイスコーヒー片手に帰宅。

 

冷房キンキンの部屋で唐揚げをほおばりながら、映画を見て現実逃避をする、といった過ごし方が定番になっていました。(我ながら終わってますね笑)

 

 

当時は、対して興味のないのに残業続きだった仕事に対して不満はたくさんありましたが、

何も考えずにダラダラ過ごしている間だけはそのことを忘れることができていました。

 

ただ、日曜日の夕方くらいになると、翌日の仕事のことが頭をよぎって、映画の内容も頭に入らなくなってくるのが唯一の悩みでしたね。

 

 

そんなある土曜日のこと、、

 

いつものように「おろしチキン竜田弁当」が好きな同期のT君と一緒に「ほっともっと」にお弁当を買いに行ったんですが、

お弁当を待っている時にふとT君が

「あー、こんな生活をあと40年以上も続けなきゃいかんのかー」 とつぶやきました。

何気ない一言ですが今でも印象に残っています。

 

一気に現実に戻された気分になって、

「あれ、こんな生活をあと40年以上も続けるの?」

「あれ、こんなはずじゃなかったんじゃないの?」

こんな問いかけが頭の中から離れなくなりました。

 

もちろん、転勤や結婚で別の環境になることもあるかもしれませんが、

それらも含めて、私には何にも代わり映えのない生活に思えてなりませんでした。

 

 

今までの人生、「皆進学しているから大学に行く」「皆大企業志望しているから大企業に就職する」といった感じで、自分の意志で人生を選択してきたことがなかった私ですが、

この時初めて自分の人生について強く意識するようになりました。

 

「このままじゃだめだ。」

 

そう思っていろいろと考え、私がたどり着いた答えは、

「何か新しい事を始めよう、そしてどうせやるなら将来性のあることをやろう。」

 

もちろん、私がWebビジネスを始めたきっかけは他にもいろいろありましたが、

お金を稼ぎたかったというよりも、何か本気で打ち込めるものが欲しい、っていう割としょうもない理由で起業しています(笑)。

 

 

私が最初に取り組んだのは、ブログに広告を貼って収入を得る「アフィリエイト」という手法だったんですが、

当時、ビジネスの知識もスキルも経験もなかったですし、仕事の拘束時間も長いということもあって、一筋縄でうまくいったわけではありませんでした。

(今では紆余曲折あって社内ニートになってしまいましたが笑)

 

 

正直、プライベートな時間をほとんど作業に費やしても、最初の頃の報酬はたった15円で、

「バイトより全然時給低いじゃん!」と嘆いたこともありましたが、

残業終わりに家に帰ってからの数時間でできるビジネスなんて他に知りませんでしたし、

「ここで変われなければまた憂鬱な月曜日を過ごしてしまう。」という思いだけで、残業100時間の中でも歯を食いしばって必死で作業を継続してました。

 

独学で取り組んでいたころは、環境の変化に追いつけず1度挫折したこともありましたが、

運よく素晴らしい指導者の下でコンサルティングを受けながら取り組む機会があり、適切な指導を受けながら、ひたすらカタカタキーボードをたたき続けてました。

 

そして残業100時間を突破した翌月には、月収10万円を稼ぐことができるようになっていました。

 

実際、10万円という金額よりも、自分で主体的に取り組んで成果が出たことで

忘れかけていた学生時代のワクワク感が戻ってきた気がして、それが嬉しかったことを覚えています。

 

稼げるようになってくると、休日だけでなく仕事が終わった後でも、

ついついカフェに行ってサッとPCを広げてついつい作業してしまいます。

 

 

そして今は、このように記事を書いて情報を発信するのもそうですし、

メルマガの読者さんに対して発信したり、他にいくつもブログやメディアを運営しているのでそちらのメンテナンスとか行っています。

 

たまーーに、ちょいと贅沢して南国でリゾート気分を楽しんだりもしています。

 

休日に暇を持て余していたあの頃が懐かしいです。

ということで、どうしようもない休日が超有意義な毎日に変わった男の物語でした(笑)。

スポンサーリンク

優雅な休日を

いかがでしたでしょうか。

ぜひこれらのヒントを活用して、優雅な休日を満喫していただければ幸いです。

PROFILE    このサイトの管理人    

miyano
1990年生まれ/長野県出身

好き:1人カフェ、アボカド、シンプルな服、変化や成長を感じられるコト
苦手:甘ーいもの、統一感がないモノ、誰かにやらされるコト

 

なーんにも考えずに大学院まで卒業し社会人になった、いわゆる敷かれたレールを歩いてきたゆとり世代。
会社に入って、飛行機に乗ったことがないのに、いきなり半年間アメリカにぶっ飛ばされて、残業100時間の激務で思わず男泣き。

受け身で生きてきたつけが回ってきたのか…と後悔したが、どうにか現状を変えるためにネットビジネスを始める。
現在は会社員の傍ら、アフィリエイト、ブログコンサル、Webメディア運営など独立するための活動が中心。

 

『やらされない働き方で、やらされない人生に変えていく。』ための情報を発信しています。

沈黙でも気まずくない仲間を増やすために、コンサルティングも行うようになりました。

↓メインサイトに飛びます。


僕が社内ニートになったきっかけ:自分の「強み」の診断方法

僕が社内ニートになるきっかけとなった、自分の強みを診断できるサービスがこいつ。

グッドポイント診断というのは、就職・転職サービスで知られる「リクルート」が開発した 診断受診者の【強み】を発見するツールで、
リクナビNEXTに登録することで誰でも無料で受診することができます。 シンプルな質問をいくつも答えていくタイプの診断ですね。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

 
また、無料の診断テストだからといってその品質や精度が悪いということはなくて、
30分程度の診断テストを受診するだけで18種類の強みからあなただけの5つの強みを判定してくれるものです。

この手の診断テストで有料のものだと、ストレングスファインダーとか有名なものがあります。

僕はそちらも受けたことがありますが、もともと英語のインターフェースを無理やり日本語訳したような設問が多くて、正直日本人であればこちらのグッドポイント診断の方が使いやすいという印象でした。

ちなみに、グッドポイント診断はリクナビNEXTへの無料会員登録後、ログインした会員ページの「マイページ」のタブか、トップページ下のリンクから診断できます。



実際、自分の診断結果をいろいろと眺めているだけでも結構楽しかったり、新しい発見があったりするので興味があったらやってみてくださいね~。

※上記ページよりリクナビNEXTに会員登録後、無料受診ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク